ここから本文です

HOゲージパンタグラフ交換 エンドウ製415系とカツミ製485系のパンタグラフの交換...

fxy********さん

2018/2/1021:20:24

HOゲージパンタグラフ交換
エンドウ製415系とカツミ製485系のパンタグラフの交換と同時に碍子の交換も計画しています。
碍子段数は6段と7段があるようですが、どちらを選択すれば良いのでしょうか?

閲覧数:
66
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mufufufu3412さん

2018/2/1317:17:51

結論から言うと6段です

まず碍子の段数についてですが
これは送電電圧に対する絶縁耐力になります
送電線の線を固定する部位にも付いていますが
碍子の数で送電電圧が決まっています
数が多い方が送電電圧は高い

在来線は直流は1500V、交流は20000Vの送電電圧です
新幹線は交流の25000Vであることで
碍子の数に違いを持たせるのが普通

415系は在来線なので6段が望ましいでしょう

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

tai********さん

2018/2/1022:09:51

1970年代のカツミの広告から判断すると
碍子の数は6段のようでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる