ここから本文です

昨年の12月末に会社を退職しました。 先日 平成29年12月〜平成30年3月分の国民...

nya********さん

2018/2/1314:10:17

昨年の12月末に会社を退職しました。

先日
平成29年12月〜平成30年3月分の国民年金保険料納付書が届きました。

そのすぐあとに国民年金保険料口座振替開始通知書が届きました。
国民年

金を申し込んだすぐあとに、口座振替も申し込んでいたのです。

1.納付書は行き違いで届いただけですよね?

2.12月分は厚生年金として支払っているのですが、この納付書も行き違いってことですかね?
(2月に届いたのに、納付書の使用期限が1/31とか書いてあります…)
納付書は捨てていいですか?

3.口座振替開始通知書に、口座振替による毎月の保険料額というのが書いてあるのですが、
平成30年3月分までしか書いてありません。
これって4月から保険料額が変わるから書いていないだけですか?
口座振替はずっと適用されるんですよね?

無知ですみませんかよろしくお願いします。

閲覧数:
116
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yty********さん

2018/2/1317:34:02

振替開始月は申し込みをされた翌月以降となります。
振替の開始月については、はがき(口座振替開始のお知らせ)で連絡されます。
先月に口座振替申し込みされたのであれば、今月平成30年2月分以降から月末に口座振替が開始されます。

年金など社会保険の資格喪失には独特の決まりがあります。その月が厚生年金なのか国民年金の加入の月になるかは、月の末日の状況で決まります。八月なら三十一日の状況です。
また、資格を喪失する時は、厚生年金や共済組合などの場合、退職した日の翌日を資格喪失日とします。
例えば12月28日を退職月とすると。健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
つまり月末の3日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの12月分の半額を払わずに済みます。
12月に社会保険が天引きされていても、それは先月分です。後払いになっています。
従って平成29年12月分は届いた納付書で国民年金保険料を納付しなければなりません。
12月分は翌1月末までが納付期限ですが、使用期限が印字されていますので、それまで使用可能です。

また平成30年4月からは保険料が変わります。
平成30年4月中旬に届く「国民年金保険料口座振替額通知書」で実際に口座から引き落とされる金額を確認してください。

口座振替金融機関ならびに年金事務所に預金口座振替辞退( 取消)届書により届出るまで自動で振替されます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2018/2/1810:46:46

払っておきましょう。

もし、重複していた場合、返金の通知が来て、返金されます。

たぶん、貴方の認識が間違っています。

納付書も金融機関で受け付けてもらえるはずです。

もし、受け付けて貰え無い場合(無いとは思いますが)は、年金事務所へ。

tom********さん

2018/2/1700:54:00

12月分納付書が送付されているということは、あなたの退職は12月末日ではないということになります。退職は12月30日のはずです。
退職による厚生年金喪失は12月末日になります。この場合は、12月分の厚生年金保険料は徴収されてはいません。
退職が12月末日であるとき、厚生年金喪失は30年1月1日になります。この場合は12月厚生年金保険料は徴収されます。年金加入は月単位のため、末日退職でないと厚生年金加入にはならず、国民年金加入です。

1月中旬ころまでに口座振替申込みをしたのなら、1月分から振替開始になると思います。そうすると、12月分は送付された納付書で納めることになります。年金事務所は12月分厚生年金保険料請求を会社にはしていません。会社に徴収されたのなら返してもらってください。

口座振替は年度単位なので、30年3月までが記載されます。

また、納付書の使用期限ですが、30年ではなく32年の使用期限になっているはずです。

red********さん

2018/2/1317:29:02

まず、一番簡単なのは、
3.大丈夫、3月までしか書いてないのが普通です。
そこには、行が12しかないでしょ。4月~翌3月しか載せないのです。
あと、全体をよく見れば「決定」って文言が見つかるはず。あなたの保険料を口座振替すること及び保険料額などの「決定」された範囲が印刷されてるの。勿論、停止を申し出なければ、振替が続く「予定」ね。

1&2.
「口座振替開始通知書」をよく見ましょう。
初回振替日はいつですか?その「対象月」は何月ですか?
届いてた納付書と比較し、その「対象月」が振替済みなら、OK.

口座振替の「対象月」に入ってない月があると、未納です(''_'')

納期限1月31日のは危ない! それは、12月分のハズですよ。
そうだとすると、12月分は、未納!でしょう(''_'')

さらにそれは、厚生年金は12月の途中で脱退したって意味ですよ。
少なくとも、日本年金機構が管理してるデータには、12月31日は厚生年金じゃない!と登録されてるんです。
日本年金機構・年金事務所に連絡しましょう。どんなデータになってるかを確認せねばなりません。事実を知った上で対処しましょう。くれぐれも、ほっといたらダメですからね。

チョット先走りながら、あなたの認識は12月31日退社=社保の最終日ながら、実は会社は社保を12月30日までに切っちゃってた、ってのは日本中で起こっていることです。大変遺憾なことです。まれには担当者のミスってこともありますが、多くは確信犯ってやつです。その際は闘いましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる