ここから本文です

教科書の漢詩にはハスが蓮と荷の2つ出てきますが、違いは何ですか?

giv********さん

2018/2/2110:55:51

教科書の漢詩にはハスが蓮と荷の2つ出てきますが、違いは何ですか?

閲覧数:
114
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ric********さん

2018/2/2114:37:35

http://www.zdic.net/に引かれました説文解字によりますと、蓮はハスの実、荷はハスの葉、ついでに耦はレンコンを指す字だそうです。
また、康熙字典を参照すると、荷はハスの茎だとか、北方の人は蓮と呼び、江東の人は荷と呼ぶとか、わりと錯綜しているようです。

といっても、そのような細かい使い分けをする必要はあまりなく、どれをとってもハスということで問題ないでしょう。蓮と荷は平声、耦は仄声なので平仄の都合によって使い分けることが可能です。

質問した人からのコメント

2018/2/27 16:46:21

わかりやすかったです。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kiy********さん

2018/2/2117:55:11

「論語・子路」のなかに出てくる文言で、「君子は和すれども同ぜず。小人は同ずれども和せず」というものがあります。
この場合、和、と、同を明らかに違う意味で使っています。

「君子は周すれども比せず。 小人は比すれども周せず。」
「周」はあまねく、「比」には仲間。同類。という意味がありますので、同じ親しむにも親しむ範囲と親しみ方の違いがあります。

疑問を持たれた元の漢詩がどのようなものかは解りませんが、音の違いだけで同じ花のことだと決めつけないほうが良いのではないでしょうか。
ハスもスイレンも似たような場所に生えますので、こちらにハス、少し離れた場所にスイレンが花咲いていることもあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

plm********さん

2018/2/2117:20:25

蓮と荷を、一つの文章や詩のなかで対で用いると
異なる意味になるけれど、
文章や詩のなかで蓮だけ、あるいは荷だけを
単独で用いると蓮も荷も同じハスの意味になります。
こういうのを対異散同(たいいさんどう)と言います。
対で用いると意味が異なり、
対ではなくバラバラ(=散)で用いると
同じ意味になるということです。
蓮・荷に限りません。
例えば、論語の
「君子は周すれども比せず。
小人は比すれども周せず。」
という言葉は、周と比を対で用いていますので、
周は良い意味、比は悪い意味になりますが、
周と比を単独で用いると、
どちらも「仲良くする、したしむ」という
同じ意味になります。

蓮と荷は他の回答者さんがおっしゃっているように
平声で、蓮の方は「先」の韻のグループ、
荷の方は「歌」の韻のグループなので、
押韻で使い分けるということもあると思います。

iwb********さん

2018/2/2113:19:15

ほとんどの場合は区別する必要がありません。蓮花=荷花で問題ありません。

本来は違うようです。
荷花=蓮の花
蓮花=睡蓮の花

睡蓮は蓮と似ていますが、まったく異なる種の植物です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる