ここから本文です

重度歯周病です。 歯周病になり20年は経ちます。 初期の段階から治療を進んで...

アバター

ID非公開さん

2018/2/2704:28:58

重度歯周病です。

歯周病になり20年は経ちます。
初期の段階から治療を進んでしていたら
よかったのですが治療費や通院などを
考えると足が遠のいてしまいました。

何年かに1回は通院していたのですが、
良くなったためしがありません。

そして今最後に治療から5年経ち
また通院しております。

フラップ手術も覚悟しておいてと
言われたのですが、
なんと超シンプルな治療で歯周病も
良くなってきました。

ピンクに歯茎も10年以上ぶりです。

しかし、歯石取りの治療で歯茎がかなり
下がってきて2本の歯にぐらつきが
出てきました。

ボンドで連結をしてもらっているのですが、
下がった歯茎は元に戻らないと聞いております。

ぐらついた歯はこのまま放置しか
治療はないですよね・・・

外科的手術は考えておりません。

閲覧数:
2,848
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y06********さん

2018/2/2716:38:33

歯周病って痛みが出にくく進行していく病気です。簡単に言えば白ありのようなイメージです。白ありが家の基礎を壊していけば家が揺れていきます。しかし、ボンドで補強というのは揺れている柱を補強しているのと同じです。その補強は一生続きません。いずれは抜け落ちていきます。白ありがもっと侵食していけばいずれ崩壊していきます。

超シンプルな治療とは麻酔をして歯科衛生士が歯石をとる治療ですか。その治療は器具が届くところまでの治療であってすべての歯周病の菌を取ることではないんですよね…
プロの白ありをとる方であってもスコップで白ありがいそうな所を小さな穴から白ありを取るようなものです。

そこで外科的な治療をすることで目に見える状態で歯石を取っていきます。
プロの白ありを取る方が白ありを取るのと同じですが、その人の腕によってレベルが出てくるのはどの業界によってもでできます。

放置すれば10年、20年すれば歯周病はどんどん進行していきます。
外科的な処置は嫌だという患者さんであっても定期的に歯のクリーニングをして、定期的なメンテナンスを行うことで、外科的な処置までいきませんが、これ以上進行しないようメンテナンスを行っていくことが重要になっていくと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる