ここから本文です

Aが負電荷、Bが正電荷で一度接触させると、同種の電荷になるんですか?

アバター

ID非公開さん

2018/3/123:15:57

Aが負電荷、Bが正電荷で一度接触させると、同種の電荷になるんですか?

閲覧数:
93
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tbp********さん

2018/3/123:46:57

同種、というのは正負がどちらかに決まるという意味でしょうか?
それとも2つの電荷だったものが1つの電荷に見なされるのか、という意味でしょうか?

物理を勉強されていれば、2つの物体として問題文では扱われているものをひとまとめにして、1つの物体として運動方程式を立てる場面を見たことがあるかと思います。これは、どこまでを1つの物体として扱っても問題なく運動方程式などの物理法則を適用できるからです。(例えば一本のきゅうりの右半分と左半分を別々の物体として扱っても問題ない)

電荷も同じなので、正の電荷と負の電荷がくっついた時も、別々の電荷と見ることも1つの電荷として見ることもできます。
1つの電荷として見た場合、その正負は2電荷の大きさによります。正の方が強い電荷なら正に、逆なら負に、同じ強さの電荷なら0の電荷(電荷を持っていない、という言い方もできます。)になります。

…というのが質問を文字どおりに捉えた回答ですが、察するに高校物理の静電気や静電誘導などについて勉強中でしょうか?
であれば、電荷の接触というより、「正の電荷を持った物体に負の電荷を流したらどうなるの」、というのが意図している質問でしょうか。
その場合、電荷の正負は先ほど述べたのと同じで流す電荷の大きさによります。そして、流した電荷は(少なくとも金属であれば)1つの場所に固まるのではなく、全体に散らばるため、正電荷と負電荷は混ざり合った状態になります。この場合は正電荷と負電荷をわけて捉えるのは不自然ですね。

すみません、あともう1つ質問の意図が考えられますね…
もっとシンプルに正電荷と負電荷は合体するか、という質問でしょうか?
であれば答えは「電荷としては合体したものとして見なすこともできる」ですね。
例えば電荷の大きさを数字で表すことにして、+5の電荷と-3の電荷をくっつけて一つの物体としてみなしたら、+2の電荷と考えてokです。
ですが、将来習うとおもいますが、正電荷と負電荷にはそれぞれ「正体」とも言える原因の物質が存在します。電子、陽子って奴です。電荷が合体してもそれぞれは消えないので、-3の電荷の原因となる電子が物体から消えたりはしません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる