ここから本文です

交通人身事故の賠償で通院をしていましたが、突然、書面で保険会社から弁護士に委...

プロフィール画像

カテゴリマスター

yon********さん

2018/3/217:19:23

交通人身事故の賠償で通院をしていましたが、突然、書面で保険会社から弁護士に委託する、何の担当者からの説明もなく、一方的に弁護士からの書面が来て、さらに、これ以上通院するなら、

債務不存在確認訴訟の 提起 など、

法的手法に移行する

と、来ました! これは、どういうことなのでしょうか?

6か月前に横断歩道を歩いていたら、右折の車にはねられ、外傷はありませんでしたが、全身打撲で救急車に乗せられ、人身事故となりました。

三井ダイレクト損保と言う会社で、とてもぶしつけな担当者が、めんどくさそうな、感じを受けさせるような電話対応で、我慢しながら通院していました。

ついに、12月にうつむけられなくなり、MRI検査などから、先生が整骨院治療もいいでしょうと言うことで、通院していて、三井ダイレクト損保の指示通り月に1度は病院で、見てもらっていました。

ところが、三井ダイレクト損保の担当者からは何の連絡もなく、いきなりの書面移管とは、途方に暮れています。


さらに人を助ける弁護士ともあろうお方が、被害者に対して、確認訴訟を準備しているなどと、脅されているような、気にしかなりません。

福岡市中央区の 古賀克重 法律事務所と書いてあります。


不安で、心配で、頭痛とめまいにも悩まされています。


どうか、助けてください!

どうすればよいのでしょうか?

閲覧数:
622
回答数:
11
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

2018/3/308:33:59

交通事故での損保の対応としてはよくあること。
常識から考えると、悪質極まりない、品性下劣な対応と
言わざるを得ません。

損保の事故担当係としてはこの手のチンピラタイプが
全体の80%を占めます。
期間あたりの治療費が高すぎる場合、治療期間が長い場合
整骨院メインでかかっている場合などに、貴方のような
対応になることが、しばしば見かけられます。

まあ、何の理由もなく、いきなり暴力的に言い渡されることも
よくありますが。特に、日本の損保の事故対応の酷さは
数多くの苦情が発生しており、金融庁からの損保会社への
指導もよくあること。その際は低姿勢になりますが、
時間が経つと元に戻ります。

彼らの仕事としては、1円でも治療費を抑えること。
1日でも早期に治療を終了させることに間違いはないのです。
故に、貴方の症状がどうなろうと、知ったことではないという
態度をとってきます。

そのために、被害者(貴方)への言葉の暴力、脅し、ひっかけ
等なんでもありです。そういう意味では、貴方もボイスレコーダー
程度は用意して、常に会話は録音しておくべきです。

対応としては、弁護士の依頼するのが一番です。
費用は、相手からの慰謝料に何とかやりくりできたりします。
それについては弁護士とまずは相談してみて下さい。

因みに、こういう場所での個人名の表示は、お止めになったほうが
良いでしょう。知恵袋での規約でも違反行為だと思います。

事故関連の、知恵袋の回答は、その多くは損保会社関係の
方によるものが多く、ほとんどの場合、参考になりません。
ご注意ください。

質問した人からのコメント

2018/3/3 21:36:50

ありがとうございます。

現状を、ありがとうございます。

でも、個人名掲載は、やめないです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ulu********さん

2018/3/313:00:11

人を助ける弁護士?依頼者を助ける弁護士です。貴方も弁護士を付けないとやられますよ。

jwn********さん

2018/3/308:33:11

質問文から察すると事故から3ヶ月経って症状の改善は見られず、むしろ悪化していると保険会社が判断したのかも知れませんね。
質問者様も弁護士に相談された方が良いと思います。

弁護士は人助けをする人達では有りません。依頼を受ければその人の弁護をするだけです。

dak********さん

2018/3/308:03:36

弁護士は依頼者の利益のために動くもので、被害者をまもる正義の味方でもなんでもない。

それをふまえて、選択肢は相手が弁護士になったわけで、こちらも弁護士を雇う。

そんな費用はかけられないと言うことであれば、諦めて相手側の弁護士の言うまま示談する。

あなた社会の仕組みを勉強しないとダメです。

omo********さん

2018/3/307:20:51

あなたも弁護士を立てるべきです、また事故を起こしたのは三井ダイレクトの担当者ではありません、悪いのは加害者なので
今も昔も悪質な被害者が数多く、痛くもないのに慰謝料目当てに通院を繰り返す
加害保険会社としてはその対策として、被害者への対応が冷たくなるのは仕方ないこと、あなたもその理解をするべきと思います

del********さん

2018/3/223:00:43

再度医師の診断を求めて、治療期間が延長されれば、医師の診断書を保険会社に提出したらどうかと。
弁護士に説明するには、はっきりと事実が証明できる根拠書類が必要ですもの。

そこまでしたくないということなら、自費で治療すればいいと思います。

弁護士からの通知に不服があるなら、証拠を揃えて別の弁護士に依頼して提訴すればいいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる