ここから本文です

F1プレシーズンテストで最多の周回数であるトロロッソホンダについては素直に喜ぶ...

アバター

ID非公開さん

2018/3/219:24:50

F1プレシーズンテストで最多の周回数であるトロロッソホンダについては素直に喜ぶべきですよね?

閲覧数:
546
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

2018/3/711:06:49

久し振りに、F1関連の記事を色々と観たのだけど(それまでは、チョイ観程度しかしていなかった)。

ここ数年のHONDAの低迷ぶりは、HONDAそのものに問題が有ったのだろうと思っていたら、どうも違うのではないのか、みたいな疑問を感じて始めています(笑)。

競技車と市販車を単純比較しちゃいかんのだろうけれど、短期間でスペックが激変することはあまり無いと思うんです。気筒数の変更等でシリンダー容積を変えるとか、或いはシリンダー配置を変えるとか、その様な変化を企図しない限り、ですね。細かなアップデートの範疇で収まるのではないか、という話です。

という視点で考えると、元々HONDAエンジンのポテンシャルはほぼ現状並みのモノを有していて、シャシー側にそれを活かせない事情があったのではないか、トロロッソの方が、その辺りに柔軟性を持っていたのではないか、ということになろうかと。

勿論、本戦が始まらないと何とも云えないでしょうけれど、或る程度のペースで多くの周回数をノントラブルでこなせる、というのは、エンジンそのものの素性が良くなければ無理な話です。他チームより、相当多くの周回をこなしている様ですし。タイムそのものは、マクラーレンよりも相当に速かった様ですから。

元々、旧ミナルディというチームは、低パワーユニットを上手く活用することに長けていた(フォードDFRとかHBとか)処ですから、その姿勢が今も残っているのかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「f1 テスト」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2018/3/607:14:15

はい、その通りです。
初めて換装したエンジン、新開発のギアボックスが正常に機能している事が驚きですね。
次のテストが本番に向けたテストになるのでそこで問題がでなければまずまず信頼性に関してはいけそうですね。
性能差は初戦を終えるまで何とも言えませんが。

iki********さん

2018/3/523:46:07

過去3年間のことを考えたら喜ぶべきだと思います。

sil********さん

2018/3/316:12:19

とりあえずは喜んで良いかと。
大きなトラブルなくレースの2倍量を走れたという事はエンジン排熱等の問題もなかった…正常に機能出来たって事だと思います。

一方マクラーレンは…
排熱が出来てなくて穴開きましたよね。
(エキゾーストの排気漏れでのトラブルとは別件)
ピットに入る度に冷却していた様子が痛々しいですね。

yah********さん

2018/3/313:27:42

かなりの期待が持てる結果ですね。

タイム出しに行くのは6日から。


マクラーレンなんてハイパーソフトにシケインショートカットでこのありさまですからね。

撮影してる人間も笑ってます。

https://twitter.com/Madro_jl/status/968123578855186432

f20********さん

2018/3/221:45:48

ホンダがマクラーレンと組んでいたこれまでの過去3シーズンと比べると、エンジンの信頼性という面では大きく進歩しているのではないかと思います。

レースでどれだけ通用するかというのは今のテストの段階だけでは分かりません。

昨シーズンの序盤はルノーに対してもかなり肉薄したレースが出来ていたので、昨シーズンのコンセプトを引き継いでいる今年のホンダエンジンには期待が持てると思います。

今の段階では素直にエンジンの信頼性が良くなったと喜んでもいいのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる