ここから本文です

地方の言葉について…。私は3年前に大分に移住して来ました。大分には《りゅうきゅ...

kor********さん

2018/3/319:04:19

地方の言葉について…。私は3年前に大分に移住して来ました。大分には《りゅうきゅう》という食べ物が有る事を、当地に来て初めて知りました。鰤(ぶり)などの魚を醤油漬けにした食べ物で、とても美味しい物です。

東京で言う、マグロの《漬け→ヅケ》で、魚の種類を違えた物…と言えば解り易いと思います。最近、知ったのですが、高知にも、同じ《りゅうきゅう》という物が有るそうですね。高知の《りゅうきゅう》は、魚を使った食べ物では無い…という話も聞きました。同じ日本なのに、不思議な話ですね。少なからず興味を持ちました。高知だけの呼び方なのか否かは分かりませんし、或いは、その一部の地域のみの物なのかは、東京育ちの身では解りませんが、高知の《りゅうきゅう》とは、一体、どういう物なのでしょうか。どのような料理法が有るのでしょうか。大分にしても高知にしても、《琉球=沖縄》が起源のような気がしますが…。それは兎に角として、高知の《りゅうきゅう》とは何か…が気なります。教えて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

閲覧数:
100
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

2018/3/410:01:12

高知のりゅうきゅうというのは
ハス芋の事で食用にするのは茎の部分です。
お酢によくあうので料亭でも使用します。
プロは塩でもまずにお湯で灰汁をとります。

鰹生節や鮎と和え物にするかそのままたたきや
寿司ネタや味噌汁の具にしますね。
(高知では山菜やこんにゃくなどをネタにする田舎寿司があります)
卵黄を使った真砂和え・敷きタレの具にも使います。

質問した人からのコメント

2018/3/8 19:59:02

ご親切な御回答を有り難う御座いました。なんか、スッキリとした感じです。詳しい説明も、して頂き、チャンスが有ったら、一度、挑戦が出来れば,と、思っています。本当に感謝しています。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mor********さん

2018/3/319:13:37

高知のりゅうきゅうは「ハス芋」の事です。高知では生魚やカツオのなまぶし(鰹節を乾燥させる前の蒸した段階のもの)と合わせて酢の物にしたり、お寿司にしたりします。シャキシャキとした歯ごたえで美味しいですよ。
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/hasuimo.htm

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる