クリスマスローズ(ガーデンハイブリッド)のモザイク病について、栽培経験が豊富な方にお聞きしたいです。 昨年の秋頃、クリスマスローズの新しい葉がいつもと違って縮れてまだらな色になっ

クリスマスローズ(ガーデンハイブリッド)のモザイク病について、栽培経験が豊富な方にお聞きしたいです。 昨年の秋頃、クリスマスローズの新しい葉がいつもと違って縮れてまだらな色になっ ているのを発見し、病気を疑いました。 冬は虫が活発ではないのでしばらく様子を見ていましたが、花は綺麗に咲かせたものの新葉もモザイク状でくしゃくしゃに波打っているのを見て、モザイクウイルスだろうと判断し株を抜いて廃棄処分しました。 ①隣のクリスマスローズの株(写真のもの)について こちらも昨年からいつもと葉の形が違うのでおかしいと思っていました。現在、抜いた株ほどのモザイクはありませんが、うっすらモザイク色で葉の形が以前より細長くなってしまいました。こちらもウイルスを疑って、処分したほうが良いのでしょうか?これから暖かくなり吸汁する虫が出て来ますが、このまま様子を見てもよいものでしょうか? 庭のクリスマスローズは2株だったので、残りはこの株だけです。 ②抜いた跡地について 庭の目立つところにあったので、ぽっかり穴が空いているのが目立ちます。新しくクリスマスローズまたは別の植物を植えても問題ないものでしょうか? ネットでは生分解が進むまで数年植えないほうが良いという説と、土壌感染はしないので植えてよいという説があります。 できればクリスマスローズを植えたいですが、どう思われますか?

画像

ベストアンサー

0

こんにちは。アースガーデン(アース製薬)、園芸担当です。 クリスマスローズ(ガーデン・ハイブリッド)は近年特に人気ですよね。 品種改良によって、 花色・花形 のバリエーションが豊富になり、 開花が楽しみな花の1つだと思います。 お写真の状態を見ると、 やはりご質問者様のおっしゃるようにモザイク病のように見えます。 ① 人によって意見が左右するかもしれませんが、 アースガーデンからはこのまま様子を見てみることをおすすめ致します。 ご質問者様はすでによく調べられているようですので、 吸汁害虫によって媒介されることはお分かりになっていることと思います。 吸汁害虫はどこにでもいますが、 対処法によっては媒介のリスクを減らせると考えております。 ② 別の植物を植えても問題ないと思われます。 ただし、媒介する害虫の駆除・対策が必要になります。 クリスマスローズではないですが、 私たちは昨年、会社の屋上でミニトマトを5株育てていましたが、 ネット購入した際、1株が ウイルス病(モザイク病) の苗でした。 しかし、土壌混和して使用する殺虫剤と、 ハンドスプレーの殺虫殺菌剤を併用したところ、 隣の株にも他の野菜にもウイルス病(モザイク病)はうつりませんでした。 5株すべてからミニトマトを収穫することができましたよ。 弊社で使用しているのは下記の薬剤ですが、 他にもお手持ちのものがありましたら、適用を確認してご使用ください。 既にウイルス病のものと、その他の植物にも散布するのがポイントです。 害虫は行ったり来たり移動したりしますので、全体的な対処が大切です。 ▼『土にまくだけ害虫退治オールスター』 https://www.earth-chem.co.jp/products/earth-garden-allstar-granule-600/index.html 作物約300種に使える土にまくタイプの殺虫剤で、 有効効成分は根から吸収され、葉全体に効きめが広がります。 ▼『やさお酢』植物の病気と虫の退治と予防に使える殺虫殺菌剤 https://www.earth-chem.co.jp/products/earth-garden-yasaosu-1000/index.html アブラムシ・ハダニ・コナジラミに、直接スプレーして退治できますし、 数日間隔で散布を繰り返すと虫の発生が1ヵ月抑えられる予防効果もあります。 虫を包み込んで窒息死させるメカニズムなのでかからなければ効きません。 葉から滴るくらいたっぷりと葉裏にも散布してください。 回数制限がなくご使用いただけます。 大切にされているクリスマスローズが元気に育ち、 また新たに仲間入りする植物も元気に育ちますよう、応援しております。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的な対策についても教えていただきありがとうございました。 これからガーデニングの季節ですので、張り切って手入れしたいと思います。

お礼日時:2018/3/8 7:32