ここから本文です

江戸時代の話だったと思うのですが、題名がわかりません。知っている方、教えてく...

ser********さん

2018/3/820:09:33

江戸時代の話だったと思うのですが、題名がわかりません。知っている方、教えてください。
内容は大体覚えています。
旅に出た商家?の店主が下男と巡礼の度に出るも、店主が道中で遭難し、下

男は店主が帰ってこないので店に戻って「店主は遭難して死んだ」と言います。店主の妻は大変悲しんだのですが、店のこともあり、番頭と再婚します。しかしながら、店主は遭難した道中で人に助けてもらい、帰るのが遅れただけでした。店主が帰ると、妻は番頭と再婚しており、店主は「仕方のないことだ」と言って、巡礼の旅に戻る」という内容でした。
よろしくお願いします。

閲覧数:
35
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

2018/3/821:10:07

落語の『小間物屋政談』の記憶違いではありませんか?

小間物屋が旅先で盗賊に襲われた大店の若主人を助け、衣服などを渡す
しかし若主人は死んでしまい、衣服から先の小間物屋が死んだと誤解され、江戸の妻に報告される
妻は大家の勧めで別の男と再婚するが、当人が帰ってくる
誤解が判明するが、妻はもう既に再婚した後なのでと生きていた夫とはよりを戻す気はない

夫は奉行に訴えたところ、助けた大店の未亡人と再婚するのととなり、思いがけない出世をする


おおむねこんな粗筋ですが、詳しくはこの題名で調べてみてください

質問した人からのコメント

2018/3/9 05:08:43

この話です!ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる