ここから本文です

戦時中、日本はいつから配給制だったのですか?

dea********さん

2018/3/917:13:36

戦時中、日本はいつから配給制だったのですか?

閲覧数:
95
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2018/3/1011:21:28

日中戦争(盧溝橋事件)が本格化した翌年(1938年・昭和13年)には、綿製品の不足が顕著になり、買い占め・売り惜しみを予防するためにキップ制になります。

戦争本格化で輸入が増大し外貨が不足したので、綿製品の多くを輸出して外貨を手に入れようとしたのです。毛・絹製品は超高価で、もとから不足しており、代用品はレーヨンとスフ(パルプからとった繊維)で、ペラペラで酷い代物でした。

この年に国家総動員法が公布され、ガソリン、鉄鋼が配給制になります。
軍需優先のためです
(石炭の配給制は少し遅れて1940年の半ばからです)

1939年には、マッチ、清酒、肥料、飼料などがキップ制になり、4月には米穀配給統制法が公布され、41年4月から東京・大阪で米穀配給統制、通帳制になります。

だから 太平洋戦争が開戦した頃には、もう、配給制になり、一般小売業は徐々に消えていきました。

質問した人からのコメント

2018/3/10 12:12:52

対米戦する時点で負けは見えてましたね。
これだけ何もなければ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fur********さん

2018/3/917:21:11

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる