ここから本文です

脳MRI画像についてです。 41歳男です。15歳より顎関節症を患い顎関節音が怖く...

アバター

ID非公開さん

2018/3/1104:40:58

脳MRI画像についてです。
41歳男です。15歳より顎関節症を患い顎関節音が怖くて堪らず、17歳より強迫性障害の治療で26年間服薬してます。

20歳でロックコンサートへ行って音響外傷後遺症の耳鳴りが生涯残り、34歳でもう片側の顎関節症を発症して口腔歯科で不適切な治療を受けて以来、酷い不定愁訴で顎関節音と耳鳴り音が怖くて堪らず、それに伴う身体の強張りで歯磨き時にコントロールが出来ずに歯茎を磨いてしまって歯茎がどんどん後退してしまってます。自分の顎と耳鳴りの音が気になる為、何をするにしても動きづらく口が閉じてしまって話しにくくて、脳の検査をしたところ「発声障害」と書かれます。
生まれつきの自閉スペクトラム症と感覚過敏もあります。
顎関節症が悪化した34歳(特に不適切な治療を受けた37歳)から物忘れがひどくてしょっちゅう何を考えているかも分からない為、認知症検査を受けました。
左手が動きにくく、発声障害があり、脳MRI画像では海馬の委縮と脳全体の隙間の状態が60~70代の平均と同じだと言われました。海馬の委縮度を示すVSRAD数値が1.73でした。(2.0以上だと高い確率で初期アルツハイマー型認知症が疑われるという事)また、詳細な検査をしないと分からないものの、動脈硬化でもあるとの事でした。
親族で認知症になったのは1人(叔父が63歳頃にレビー小体型認知症)だけです。
定期的に血液検査は受けてますが、コレステロール、血糖値、中性脂肪(低い)等全体的に正常範囲内です。
「発達障害や精神疾患があると、このような結果が出て当たり前であって心配する必要はない」と言われました。私の年代(40代前半)で私みたいな脳委縮度や脳動脈硬化の人はやはり少ないのでしょうか?自分としては「まさか」という結果になって不安ですが、心配ないのでしょうか?
ちなみに、大学を卒業して1年未満勤めた後、自然排便がない副作用を伴う服薬の影響もあって今まで仕事には就かずに在宅療養中です。
既存の病気は、
・服薬の薬害で薬を服用しなくても腸機能低下して自然排便が難しく、基本的に自然排便がないのでラキソベロン(刺激性下剤)を20滴前後服用しないと排便出来ない。
・便秘(腸)の影響でどんな薬であっても1錠でも服用するとかゆみ等のアレルギー症状が出る。
・薬副作用の四肢冷感が激しくて秋~春は重防寒して座っている時は絶えず電機あんかをしないと霜焼けや酷い風邪を引いてしまう。
です。

41歳なので服薬を止めたいですが、・酷い食いしばりと・歯磨き時に歯茎を磨いてどんどん歯茎が後退する、・顎関節音と耳鳴り音と歯の感じ方が気になり過ぎて身体ごと物に体当たりして物を壊してしまう。・耳鳴りがあるほうの鼻の筋肉が緊張感で硬くなって奥に鼻くそや鼻水が押し込まれてしまう。・気になりかたが酷くて睡眠時も身体が強張って4時間くらいで起きてしまう。(その後、時間を置けば2時間くらい昼寝出来る)・顎関節音と耳鳴り音と歯茎後退して歯の伸びた感じ方が怖くて仕方なく、周囲の景色が昔健康だった頃の景色に変わってしまい、(少し経つと実際の景色に戻る)困る。
等の症状の為、とても服薬を止められません。

なんとか70歳くらいまでは生きたいと思ってます。(こんな真夜中にパソコンの前に座っている事自体、非難される事は痛感してますが、何しろ不安でたまりません。)
長文になってしまいましたが、宜しくお願いします。

顎関節音,耳鳴り,顎関節症,服薬,歯茎,はぎしり,歯ぎしり

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
744
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tt4********さん

2018/3/1115:28:49

強迫性障害に関しては、本人の治したい、治そう、という強い意志が一番重要なのです。
その気持ちがあれば、多少時間はかかるかと思いますが、大丈夫、がんばれます。
無理かもしれないと不安になることもありますが、結構人間だってすごいんですよ。
私も、真っ暗でどこを探しても出口が見えてこなくってほんとにつらかったんですけどね、今じゃそんなころがうそみたいです。

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RAyIUqpo1aDCgAy4GAcQF8?p=g...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

stu********さん

2018/3/1600:00:10

頭蓋骨や首の歪みが複雑になってくると、顎関節音やはぎしりなどが生じます。(歪みがあることで、しっかりと、骨と骨との接点を作るために、歯ぎしりは起こります)顎関節音は、あごの開閉による運動が上手く行えていないケースだと思われます。病院で、様々な診断名がおりたり、最悪のケースの与え話をされうことがあるかもしれませんが、良い治療家に出会えることを応援しています。この方は、なかなか腕がよいですよ。http://musubi.asia/

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる