ここから本文です

指を切って大出血し、一週間たった今やっと痛みも治まりつつあるのですが、その怪...

lig********さん

2018/3/1606:57:09

指を切って大出血し、一週間たった今やっと痛みも治まりつつあるのですが、その怪我をした部分だけ熱を帯びています。

そう考えると病気で発熱すること自体が自分自身の身体を元に戻そうとする治癒力だと考えるのは、おおむね正しいといえますか?

閲覧数:
34
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sta********さん

2018/3/1607:48:30

足や腕などに、骨折や打撲などのケガをしてしまうと、傷を治そうと白血球やその他組織が働き始めます。

白血球は高温の方が動きが良くなりますから、発熱して白血球の作用を高めようとします。これが「治癒熱」と呼ばれるものです。

尚、発熱の作用は身体が回復している証拠でもあり、あまり冷やしすぎてしまったら、組織の吸収や、白血球のはたたきを阻害してしまうことにもなりかねません。

常に氷で冷やしておくなど極端な行動は控えてください。

詳しくは・・・http://www.terumo-taion.jp/health/temperature/06.html#03

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zak********さん

2018/3/1606:59:32

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる