ここから本文です

お義母さんから100万程する着物をいただきました。 着物を着ることなんて20年近く...

アバター

ID非公開さん

2018/3/2017:44:22

お義母さんから100万程する着物をいただきました。
着物を着ることなんて20年近く前の卒業式以来です。
そもそも、着物の値段は何で決まるのですか?100万ぐらいのするものってなにが良いので

すか??
呉服店で着物をみてもその差がわかりません。高いのと安いのでは見る人がみないとわからないぐらいの差ですか??

補足親戚が呉服屋を営んでおりそちらで購入したそうです。安くしていただいたのか元値はほんとは安いものなのか定かではないですね。。。みなさんの回答で着物の難しさを感じました。
不思議と高級ブランド身に付け着飾ってるようなかたよりちゃんと自分の着物を所有し着こなしてる女性って育ちの良さを感じますよね。今から身に付くものでなく、なんと表現してよいのか気品がちがうというか。近所に金持ちのママがいますが、その人よりいつもシンプルにナチュラルな服やユニクロの服着てるのにいざというときちゃんと着物着るママがいるんです。すごくオーラがあって、そういうひとたちって必ず結婚するときにきちんと両家で結納かわしてるんです。特別な金持ちじゃないのになんでしょうね。言葉では表現できない存在感なんです。着物って特別に感じます。

閲覧数:
386
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuc********さん

2018/3/2106:59:25

>お義母さんから100万程する着物をいただきました。

若者の場合は、「最近の若者は敬語が使えない人が多いな」とスルーするのですが、40代以上ですよね?

「義母から100万円程する着物をもらいました。」です。
(受け継ぎました、などでももちろん良いです。)

高い着物は何故高いのか。
正当な高値の場合の理由としましては。
例を挙げますと、材料、手間、技術、作家が作ったのなら、作家に対する対価、このように私は思っています。
他にも希少性とか、私の知らない理由もあるかもしれません。

補足の結納うんぬんは正直苦笑しました。
結納をした人に、コンプレックスでもありますか?
ごく一般的な家庭同士でも結納する事だってあります。
結納をしても、着物への興味関心ゼロで、一枚も着物を持たずに結婚する人もいますよ。
結納自体、「女性を大事にしている」と受け止める事も出来ますし、「女性を軽んじている」と見なす事も出来る習慣です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/3/21 09:05:07

みなさまありがとうございました。
受け継いだのではなく、似合いそうだなと買ってもらったものです。
敬語、指摘してくださりありがとうございます。勉強し直します。着物を着て昔ながらの本当にしっかりした結納かわしてる家庭意外といないんです。あなたの周りでは普通のことなんでしょう。私の周りでは両家で会食し少しくだけたかんじです。みなさまの回答大変参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nar********さん

2018/3/2103:35:41

>そもそも、着物の値段は何で決まるのですか?

50%以上生地


>100万ぐらいのするものってなにが良いのですか??

礼装用ならごく普通の値段だよ

>呉服店で着物をみてもその差がわかりません。

あらま
困ったもんだ

>高いのと安いのでは見る人がみないとわからないぐらいの差ですか??

ど素人が見たっていいものはわかるよ

カローラとレクサスの違いくらいわかるだろ?

百均のスカーフとエルメスの差とか

そのくらい違うよ

プロフィール画像

カテゴリマスター

nuk********さん

2018/3/2022:31:10

補足を拝見して、金額と価値にこだわっているように感じるご質問文より好感を感じました。

かならずしも・・・着物を着る方がそういう方ばかりとは限りませんが、日常はシンプル・ナチュラルで、時として和装を着こなせることや結納など人生の節目の行事をきちんとするようなライフスタイルに価値を感じることに私も共感を感じます。

本題のご質問に関して:
お義母さまから着物に関して種類や産地、織か染めなどについて、どういうものかというご説明はなかったのでしょうか?

画像やご説明がなく値段だけでは、よくわかりません。
価値ある100万も、それほどでもないものもあるかもしれません。
購入時によっても、店によっても同じもので値段に開きが出ることも往々にしてあります。

どんないいものも好みの違いや必要性の有無で無価値というのは着物にかかわらず言えることです。

着物は確かに好きな人でないと色柄などにごまかされて良さがわからない場合もあります。

・・・ですが、だからと言って善し悪しが微々たるものだということではないと思います。

良い繭かどうか、どんな風に糸が作られたか、織られたのか、白い生地であればどのように染められたのか?優れた人が手間と時間をかけて創り上げたものほど高い・・・のが本当だと思います。

種類によって、どの辺に特に価値があるのかが違がうのでお義母さまのお着物に関してはわかりませんが。

xon********さん

2018/3/2022:31:07

百万て着物なら普通ですよ。
私も若い時に、買っちゃいましたね。。払った額です。振袖とか百万なんて、当たり前だったから、そんなもんかと、言い値で買っちゃいました。。。
一千万超えも着たり見たり、展示会では普通にあります。
着物も帯も3〜4百万のなら婚礼でもたまにみます。
一千万クラスのはたまに、それなりの場所ではよく見ます。
値札ではなく払った額で1200万のとか、着たことありますが、 この作家さんのは美術館によくあります。。
作る方の専門の勉強したので、見ればわかります。そうでなくても、好きで着ている友達もわかるみたいです。
何が、て全て違います。
わかりやすく、総絞りだと、絞りだけで半年かかる、とかありますが。。
時間、素材、技術、全てを合計したらそうなります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

eve********さん

2018/3/2018:39:12

150万位の着物だと、
実用着物とは違った、伝統工芸的な美しさを感じます。
ただ、一般の方は物の値段を人に言う時、
買値ではなく値札の値段を言うことが多いので、
買値が100万か値札が100万かにより、
着物の品質も大きく違うと思います。

mko********さん

2018/3/2018:04:41

100万円は普通の範囲だと思います。
生地がよく染めがよく意匠がよいものを、老舗呉服店や百貨店で求めると当たり前にそのくらいになるかと思います。
着ていて(持っていて)自信になるお着物なのではないでしょうか。
いいものはパッと見ても分かると思います。
バブル期には不相応に高い着物もあったと聞きます。高いほうが売れたのだそうです。なので一概に言えませんが、、

一般的には30万円くらいからがボリュームゾーンだと思います。

貴金属と違って、買った値段で売れる訳ではありません。
あまり金銭的な価値に拘らず、思い出のお下がりを譲られたと思って大切に着てくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる