ここから本文です

ツェッペリンとエアロスミスの評価について質問させてください。 私は上記いずれ...

jim********さん

2018/3/2916:07:36

ツェッペリンとエアロスミスの評価について質問させてください。
私は上記いずれのバンドも好きですがツェッペリンの方をより高く評価しています。

しかし周囲を見ると圧倒的にエアロスミスの方が評価が高くツェッペリン派に出会ったことはありません。日本ではやはりエアロスミスの方が高評価される傾向があるのでしょうか?
皆さんの意見、皆さんの周囲の傾向を教えてください。また、なぜそのような意見・傾向になると考えられるのかも付記していただけると嬉しいです。
ちなみに私はエアロスミスが単に現役のバンドだから解散しているツェッペリンよりも評価が高いだけだと思っています。

閲覧数:
155
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lit********さん

2018/4/408:47:41

ロックの醍醐味はライブ。
洋楽ロック好きであれば、1回はエアロスミスのライブを観たことがある、という人が大半でしょう。一方、Zepのライブを観たことがある人は、当たり前ですがほとんどいないですよね。

エアロスミスのライブを観たら、そりゃ評価は高くなります。彼らのステージの破壊力は凄まじいですからね。

Zep解散後のペイジやプラントの活動次第ではまた違っていたんでしょうが、華々しい活躍はできず。
ロック通気取りが技術だの楽曲だの影響力だのと理屈をこねても、ライブで観ることができないのでは、評価のしようが無いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nicobrianさん

2018/4/211:00:07

>しかし周囲を見ると圧倒的にエアロスミスの方が評価が高くツェッペリン派に出会ったことはありません。日本ではやはりエアロスミスの方が高評価される傾向があるのでしょうか?

それは、あなたのもとに
エアロびいきの情報が集まっているということではないでしょうか?


私の個人的な見解は
圧倒的にLEDですね。

>エアロスミスが単に現役のバンドだから解散しているツェッペリンよりも評価が高いだけだと思っています。

それは、違うでしょう。

ビートルズは解散したのが
1970か1969年ころだったと思いますが、
いまだに異常な人気がありますよ。

私は、

楽曲、アレンジ、演奏能力、歌、
どれをとっても
エアロの遥か彼方にいるのが
LEDだと思いますよ。

ジミーの印象的なギターリフ
ジミーの計算されつくした楽曲
アレンジの才能
ロバートの唯一無二の声質と
独特の歌い方

ジョンポールの卓越したベースと
キーボードアレンジ

ボンゾの誰も到達できない
パワフルドラムと
独特のボンゾグルーブ
とボンゾテクニック

エアロで何か書け!

と言われても、
さて、何を書きましょうか?

と考えますよ・

LEDは何も考えず・・

すらすら書けますからね。

日本でもアメリカでもイギリスでも
世界中で、

LEDのほうが圧倒的に評価されているのは
まぎれもない事実でしょう。

そもそも、音楽のジャンルが違いすぎます。

エアロはストーンズやヤードバーズを
モデルに作ったバンドですが、

LEDは、ジミーはヤードバーズには
在籍していましたが、

まったくヤードバーズを踏襲しないで
違うことをやろうとしていましたからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる