ここから本文です

日本人の貯蓄率がめっちゃ低いらしいんですけど、結構みんな金使ってるんですね?...

qtz********さん

2018/3/3117:41:08

日本人の貯蓄率がめっちゃ低いらしいんですけど、結構みんな金使ってるんですね?インフレになりますか?それとももらってる量がそもそも少ないんですか?企業投資が少ないんですか?

貯蓄率の統計↓
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4520.html

閲覧数:
66
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2018/4/304:42:01

ちゃんと文中に書いてありますが、ここで出てくる貯蓄率ってのは家計貯蓄と家計可処分所得のバランスです

ただしここでいう家計貯蓄は可処分所得-家計消費支出という計算ですから、言い換えればこの計算は「所得のうち貯蓄に回す分がどれくらいか?」であって、既存の貯蓄は含みません。つまり家計の貯蓄額そのものを表しているわけではありません


資産に占める貯蓄の割合(つまり持ってる金のうちどれだけを貯蓄に回し、どれだけを投資などに回すか?)では日本は53%と先進国ダントツであり、30%前半台の欧州や、10%台前半の北米に比べると「圧倒的に貯蓄してる国民」と言えます


日本における貯蓄率の低下要因の最たるものは「所得の低下」と「高齢者による資産独占比率の高さ」です。これは文中で指摘されていません(文中では低下要因は不明としていますね)


ここでいう貯蓄率は、要するに「毎月入る金より使う金が多ければマイナスになる」という計算式で、言い換えれば「貯蓄総額が増加すればプラス、減少すればマイナス」となります


日本はそもそも圧倒的に高い貯蓄性向を持ちます。家計が可処分所得を切り詰めて残りを全部貯蓄に回していた状況がスタート地点であるため、他国と比較すれば落ちる可能性のほうがはるかに高いです


たとえばアメリカなら、株に回しているものを貯蓄に回せば比率は上昇しますが、日本はそもそもほとんどすべて貯蓄に回しているため(言い換えれば、残りは生活の必要支出で貯蓄に振り返る余地がどこにもない)減少傾向になるのは自明と言えます


では次に、グラフにおいて「そもそもスタートラインの貯蓄率が低いのはなぜか?」というと、これはそもそも所得が低いからです


計算式上、貯蓄率 = (可処分所得 - 必要支出) ÷ 可処分所得 という式ですから、所得が低く、もしくは実質的な税率が高くなればなるほど、可処分所得と必要支出の差が縮まり、分子が小さくなることで貯蓄率も低下します


たとえば可処分所得10万で必要支出10万であれば貯蓄率は0です。貯蓄に回す金がどこにもありませんからね。一方で可処分所得20万で必要支出15万なら貯蓄率は5 ÷ 15 ≒ 33%ということになります


で、グラフを見れば90年から現在にかけてですからわかりやすく「景気と連動している」と言えます。特に97年まで若干上昇傾向を見せているのに98年から再下落しているのは、97年の消費増税により民間所得が激減(平均460万から400万まで)していることで貯蓄の余裕がなくなったからです。もちろん消費増税により98年の消費性向は低減しており、みんな金を使わなくなってるので「金を使うようになったから貯蓄率が下がった」というのは明らかに間違いです。使わなくなった以上に「余裕がなくなった」のです


そう考えれば他国より貯蓄率が低いのは当たり前の話。他の国はこんな長期デフレになってないし、日本だけがOECD水準よりはるかに低賃金=低可処分所得にあえいでいる、というだけなのですから



一方で、日本は高齢化が進展しているため高齢者の家計動向がかなり大きな影響をグラフに与えているということも考えられます


高齢者の貯蓄率は、世代からしても(いまの年寄りは株式投資なんかほとんどしないから)年金 ÷ 必要支出 となります。日本が高齢者を圧倒的に優遇する分厚い社会保障制度を使っているとはいえ、それでも年金のみで生活することは難しいです。莫大な貯蓄があっても関係なく、ここでいう貯蓄率は「貯蓄を取り崩すか否か」しか見ていないので、たとえば高齢者が年金月10万で必要支出11万の生活をしていれば、その高齢者が純貯蓄を平均2000万円持ってる事実とはまったく無関係に「貯蓄率はマイナスになる」わけですね


しかも高齢者がほとんどの資産を独占している事実は=若者に金が回らないことを意味しますから、若者も貯蓄すべき金が手に入りません。若者は数の上でグラフに対する影響力も低いですが貯蓄率も高くなりようがありません


総じて貯蓄率が低い、もしくはマイナスになるのは当たり前といえます


他国であれば、所得が低く貯蓄率にマイナスを寄与する高齢者層の数が少なくグラフにあまり影響を与えません。資産独占比率も低く相対的に若者に金が回ります。だから若者が貯蓄すればグラフの貯蓄率は高くなります



よってこのグラフから読み取れるのは「日本人の所得が目を当てられないほど低い」ということであって、金を使ってるということではありません。みんな金を使ってるなら日本だけ長期デフレになるわけがありませんからね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/4/3 16:25:42

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kur********さん

2018/4/100:33:35

最低水準と言われる生活保護よりも所得が低いから❗️
皆んな貯金出来ないのでは?

増税で国民皆んなが貨幣を持っていない状態まで吸い取られて立枯れしているとも言われている??

ネットで物々交換する時代に変貌中なので、貨幣価値が無くなり。
モノ余り状態だから、貨幣代わりに物々交換なのでは?

河原で拾ってきた石ころコインがネットで流通するかも?
民間造幣局状態になって、何億円も儲ける連中が発生する??

大量の紙に1万円と印刷しても、国民が誰も保有していなければ、流通しないので使い道がない紙になるだけ。
貨幣としての役割終了❗️

インフレ、デフレとは無関係なただの紙になると、民間造幣局で生産される石ころコインが貨幣として認知されてしまう可能性があるのでは?

石ころコイン時代
金、銀、銅銭時代
紙幣時代。
電子マネー時代
ネット貨幣時代

富国強兵ならインフレ。
貧困滅亡ならデフレ。
これは歴史が証人❗️
歴史は繰り返されるかも?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる