ここから本文です

ダンベルショルダープレスを行うと肩がゴリッゴリッと鳴るのですが種目としてやら...

sbb********さん

2018/4/116:46:09

ダンベルショルダープレスを行うと肩がゴリッゴリッと鳴るのですが種目としてやらない方がいいですか?

何日か前にショルダープレス行ったですが今若干肩関節付近が痛く休息しています。
以前にも痛めたことがありましたが休んでいたら治りました。

今10kgのダンベルで試しにショルダープレスやアーノルドプレスを行うと少し痛むとともに肩がゴリゴリ鳴るのですが自分に合っていなくて行わない方がいい種目なのでしょうか?
フォームが悪いのかなと思い鏡を見て行っても鳴ります。あとサイドレイズもミシミシ、コリッと鳴ります。

自分のように肩が鳴るタイプはどのように肩トレしていけばいいでしょうか?

閲覧数:
570
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jag********さん

2018/4/216:11:19

肩がゴリッゴリッと鳴るからといって直ちに肩関節を痛めるとは限らないけど、現在の運動・軌道では肩関節にストレスを与えている可能性もあり、こなし方をやや変えた方が無難かと。

ショルダープレスは、一般的にはしっかり両肘を外側に張って、その状態をキープしたままで上げ下げ(アーノルドプレスもスタート時は同様)しますが、これに対して、両肘を身体のやや前寄りに構えてそこから上げ下げするやり方もあって、後者の方が肩関節への負担が抑えられ、肩のその鳴りも出ないで続けられるかも。

更に、完全に両肘を身体前方(胸前)に持ってきて、逆手でこなすショルダープレスもあります。逆手では順手の場合よりも、ダンベルを低い位置まで無理なく持ってこれ、運動に大胸筋も参加し、三角筋の前部と共に大胸筋の最上部(鎖骨側大胸筋)にも負荷がおよびます(私は逆手のショルダープレスを大胸筋の最後の仕上げにしばしばやるようにしています。)。

サイドレイズは、一般には腕を真横に上げるとされますが、肘を適度に曲げたままでの動作の故、真横に上げてるつもりでも肘が後方に引けやすいので、意識的に肘からやや前寄りに上げてよいです。その方が肩のその鳴りも抑えられやすいかと。また、ダンベルが肩の高さほどにきたときに、ダンベルの小指側よりも親指側の方が高くなるように。小指側の方が高いと肩関節へのストレスが大きくなります。

三角筋の中部には、サイドレイズのほか、アップライトローも有効なので試してみてください。

質問した人からのコメント

2018/4/3 13:49:18

アップライトローは前部の種目だと思っていたんですが中部に効くんですね。
まだ痛いですが治ってきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sot********さん

2018/4/117:14:31

鳴るのは構わないけど、痛いのはダメですね。柔軟性を高めながら、バーベルより軌道の調整が効くダンベルを中心にやるのが良いでしょう。高重量は避けて。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる