ここから本文です

外壁(塀)の塗装について 塗料は、日本ペイントのパーフェクトトップを使用しま...

iha********さん

2018/4/810:11:45

外壁(塀)の塗装について

塗料は、日本ペイントのパーフェクトトップを使用します。
古い塗装を剥ぎ落とした後、ヘラ傷を模様として活かしながら、パーフェクトフィラーを下塗りします。段

差が目立つ箇所は、部分的にフィラーを塗り足します。
質問ですが、その際フィラーに砂を混ぜて、モルタルかリシンの様に、厚塗り材として使えないかと考えます。如何でしょうか?

日本ペイント,パーフェクトフィラー,リシン,モルタル,厚塗り材,骨材,希釈

閲覧数:
74
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hka********さん

2018/4/920:55:48

良いと思いますが下塗にカチオンシーラーを塗った方が付着性は上がります又混合するのは珪砂の6号~7号程度が良いと思いますが希釈量は仕上がりを見ながらするほうが良いですが後ダレしないように極力希釈は少ない方が良いと思います。

珪砂の骨材の混合量をあまり多くすると強度が無く成りますので控えめにしたほうが良いです。

施工方法はゴムベラやマスチックローラーの小さいサイズなどで材料を欠損部以外に広がらないよう又、なるべく周りと段差が出来ないようにしごいて違和感の無い仕上がりか確認し、仕上がり状態により珪砂の骨材の大きさや希釈の量を調整して下さい。

6号珪砂が大きい場合は7号珪砂の方が目が細かいです。

  • hka********さん

    2018/4/1020:46:31

    珪砂混合の件ですが良いと申し上げ上げましたが、私個人でしたらこの様に行うと思ったことで申し上げました。
    フィラーも各メーカーにより色々な種類が有り、セメントフィラーや微弾性フィラーが有りますが各メーカーは既調合の配合で別途骨材の混合は標準では有りません。
    骨材の混合量が増えますと塗膜の強度が低下しますので混合量は限度が有りますのでご注意お願い致します。
    正式に補修を行うのでしたら、カチオンシーラーを塗装後、ローラーリシンで補修してからのトップコートが良いと思います。



       

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/4/14 21:05:19

ご回答有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pro********さん

2018/4/1008:18:38

混ぜるというと基材濃度が下がってしまいます。
メーカーが作った厚塗り剤を使ったほうがいいです。

him********さん

2018/4/919:15:56

厚塗りしたいならタイルベースに何かを混ぜて鏝で塗ればいいのでは。

曽根 省吾さんの写真

専門家

2018/4/814:22:29

なるほど、面白い発想ですね。
少し気づいたのが砂を入れるとネタが重くなると思います。

なので希釈を多めにせざる得ないと思うのですが、そうなったときに希釈した砂が缶の中で沈殿しないか、それか壁に塗った時に砂だけがダレてくるような感じにならないかですね。
垂直にしたベニヤかなんかでテストするのはどうでしょう。

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

pri********さん

2018/4/812:20:51

使えなくはないと思いますが、標準仕様でない場合は混ぜる骨材やその量、増量するセメント、厚み、気温、湿度、塗布面の状態によってはダレたり割れたり、硬化後に剥離したりする事もあるので目立たない所で試し塗りしてからすると良いと思いますよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる