ここから本文です

大阪天神祭の目的について教えてください。 大阪で行われる天神祭について、祭の...

qqw********さん

2018/4/922:27:14

大阪天神祭の目的について教えてください。
大阪で行われる天神祭について、祭の目的を調べています。

起源や歴史について記したサイトを調べたところ、はっきりと書いてあったのが以下の二つでした。

①陸渡御・船渡御ともに、大阪の地の平安を神様にご覧いただくことが目的で始められました。
これが天神祭の起源だといわれています。

②大阪の天神祭は学業成就ではなく、商売繁盛を祈るお祭りです。

ただ、個人サイトであるため、個人の考えなのか、正確なものなのかがはっきりしません。
どちらが正しいのでしょうかそれとも、どちらも間違っているのでしょうか?

お詳しい方おられましたら教えてください。

閲覧数:
24
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nak********さん

2018/4/923:33:28

天神。
もともとはインドのシヴァ神です。
シヴァの本来の性格は、破壊と創造の神です。
そして、最大の武器が雷霆、つまり雷です。

しかし、シヴァはヒマーラヤに住んでいるから山の神。
その山を源流にする川の神であり、水の神となった。
それがさらに「豊穣の神」となった。
その後、観音とシヴァが習合するようになり、現世利益の神となる。

ただ、日本の天神信仰は、菅原道真が大宰府に左遷された後、京に落雷や疫病が流行し、「これは道真の祟りだ」とされて道真を神として祀ったことに由来するのです。
「祀った」といったって、単純に崇拝したわけではなく、「祠」に閉じ込めて封印しちゃったのですよ。

陸渡御・船渡御について。
一般的に。
豊穣の神としての性格から、新春、「おこない」と呼ばれる豊穣祈願祭が行われます。
このとき、神の依り代として護符が配られますが、その護符を田んぼに立てたのです。
護符は雨で溶けて田んぼに広がり、水を供給することになります。
秋祭りの神輿巡幸は、集落の田んぼに降臨している天神の分身を神輿に乗せて回収し、神社の祠に封印することが目的です。

ところで、大阪天神祭の陸渡御・船渡御は、講の構成員の「禊」、つまり罪障消滅が目的になります。
つまり、氏子の平安を祈念する祭礼です。
「大阪の地の平安を神様にご覧いただくことが目的」と仰ってることは、ほぼ正解だと思います。

商売繁盛を祈るお祭り。
天神えびす祭と混同されています。

質問した人からのコメント

2018/4/10 02:30:07

詳細にお答えいただきありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる