ここから本文です

徳島県鳴門市の大毛山について 徳島県鳴門市の大毛山にはイノシシ、クマなど、...

pcx********さん

2018/4/3000:05:37

徳島県鳴門市の大毛山について

徳島県鳴門市の大毛山にはイノシシ、クマなど、人間に危害を加える危険な動物はいますでしょうか?

閲覧数:
60
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hgn********さん

2018/5/218:32:32

イノシシもクマもいません 小さな島なので 山も小さく大型の獣が住める程のエサもなければ 身を隠せ住める場所も無いです

質問した人からのコメント

2018/5/4 14:01:05

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wil********さん

2018/5/220:31:43

少なくともクマはいません(誰かが放獣すれば話は別ですが)
猪は泳ぎが達者なので島でもいる可能性はあります。

危害という観点ではマムシ・ヤマカガシはいると思います。

fuk********さん

2018/4/3017:47:11

クマはいないでしょう。

いても剣山系の山なので、三好市辺りですかね。


動物ではないものの害虫?ならマムシとかヤマカガシとかの毒蛇はいると思いますが。

2018/4/3008:22:23

クマはいない。

シシはいるかも。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hay********さん

2018/4/3007:18:15

以下、想像に過ぎませんが、アンサーします。

徳島県鳴門市の大毛山でなくても、農村に近い里山なら、イノシシの棲息は充分あります。イノシシは、土中のミミズ、山芋類、ネズミやモグラの類い、ヘビ、トカゲ、カエル等、何でも食べてしまう「雑食チャンピオンシップ」ホルダー!?です(笑)
これに里山の農作物が加われば、メニューのバリエーションが多彩になりますから、イノシシ達には喜ばしいことになります。

一方、熊については、本州に棲息するツキノワグマは、減少傾向にありますが四国地方での棲息が確認されています。
生物多様性の観点から、絶滅回避に向けた対策が、大学などの研究者や機関、行政、NGOなどで研究されています。しかし、ご質問の地域の環境に詳しくありませんし、先の棲息情報、範囲は一部の地域になりますので、良く判りませんので、お許しください。

最後に添えますが、イノシシやクマの全てが、人間に危害を加えたり、危険であると断定するのは、性急だと考えます。
先程触れた生物の多様性は、様々な生きもの達が係わり合いながら生きる種の多様性、各々の種における一定水準の個体数を維持することによる遺伝子の多様性、植物、気候、汚染されていない水、それら全てを含む環境の多様性が、私達人間にも不可欠なものと云えます。

人を襲ったり、農作物に深刻な打撃を及ぼすケースには、必ず私達自身が原因を生み出し、それらを知らずに、時に目を反らすなど、私達が反省すべき点が沢山ありますから……。何か

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる