ここから本文です

磐田 ギレルメの退場シーンに至るまでの、主審が流したプレーとイエローカードにつ...

har********さん

2018/5/415:36:14

磐田 ギレルメの退場シーンに至るまでの、主審が流したプレーとイエローカードについて。

マリノスGKと、磐田の川又が接触プレーで、ゴール前で倒れました。

直後、ボールはマリノスに渡り、プレー続行でマリノスの選手がドリブルでハーフライン付近まで攻め込みました。
ほぼハーフラインのところで、後ろから追いついた磐田の選手がマリノスの選手のドリブルが大きくなったところをとらえ、ボールにチャージし、カットに成功したように見えます。そして、ボールを失ったマリノスの選手は、勢い余ってグラウンドにお尻から倒れこみます。同じく、ボールカットを狙ってマリノス選手に接近していたギレルメ選手は、フリーになった状態のボールをキープに入った瞬間、主審は試合を止め、マリノスゴール前の倒れこむ選手のところに駆け寄りました。

確かに、ギレルメは大きくボールを蹴りだしたんだが、あれを遅延行為にしますかね。

磐田のボールチャージにいった二人の選手は、ファールチャージかファールタックルの反則を取られたんだと勘違いしたんじゃないかな。

プレーが止まったあと、主審が一目散に別の方向に走り出したので、ホイッスルの意味を知ったギレルメはキープしたボールを、たいへん大袈裟ではあるがタッチラインの外に蹴りだした。

素人でよくわからんが、今のサッカーでは、あのプレーにイエローカードだすんだなぁ。

閲覧数:
104
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ebo********さん

2018/5/419:38:31

現在大阪府で審判をしているものです。
おそらく、公式見解どうり、
「サッカーに対するリスペクトに欠ける行為」(反スポーツ)による罰則と思われます。この反スポーツというのがミソで、とても書ききれないほどの行為をまとめたものなのです。
どの行為が該当したものなのかは分かりませんが、頭にいってしまっていることによるメディカルがはいり、すぐにリスタートが出来ない状態であったので、遅延行為には該当しないものと思われます。

長文失礼しました

質問した人からのコメント

2018/5/4 20:11:10

反スポーツ的行為 でしたか。 情報をよく調べず、不思議に思っていました。
わかりました。 ありがとうございました。

「ギレルメ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/5/418:39:49

DAZNで見返してもギレルメがあまり映っていないのでハッキリはわかりませんが、ボールを外に蹴りだしたのが遅延行為とされたのでしょうかね?
そうじゃないと思いますけれども。
主審がプレーを止めているのであれば、ボールを大きく蹴ろうが何をしようが遅延行為になるはずがありません。

その後にマリノスの喜田に蹴りを入れているところを見ると、喜田との間で何かがあったのではないでしょうかね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる