ここから本文です

中二 理科 気象についての問題です。

mei********さん

2018/5/619:55:58

中二 理科 気象についての問題です。

(3)についてなのですが、解説を読んでも理解できませんでした。部屋の空気と書いてあるので、てっきり8.8gかと思いました。
でも、解答は6.4gでコップ内の飽和水蒸気量になっています。

どうして、このような解答になるのか教えてください。

飽和水蒸気量,解答,理科,気象,コップ内,コップ,くみ置き

閲覧数:
25
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coc********さん

編集あり2018/5/623:10:23

飽和水蒸気量は、その気温で空気中に含まれる最大の水蒸気量。
図からわかるように、室温9度では1立方メートルあたりマックス8.8gの水蒸気が含めるわけだ。
一方、コップの表面が4度まで下がったときに曇り始めたということは、この部屋にはもともと1立方メートルあたり6.4gの水蒸気が含まれていたことになる。
気温が4度以下になると1立方メートルあたり6.4g以上の水蒸気が含めなくなるから、その超過分がコップ表面の水滴として現れたわけだ。

湿度は
空気中の水蒸気量/飽和水蒸気量×100
で求まる。よって6.4/8.8×100=72.7%

質問した人からのコメント

2018/5/12 20:57:57

ありがとうございますm(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

per********さん

2018/5/620:41:50

くみ置きの水ですから温度は9℃で、徐々にその温度を下げていったわけです。
水が4℃まで下がった(同時にコップのごく周囲も4℃になる)ところで空気が飽和したのですから、6.4gでよいのです。
もし8.8g含まれていたなら、スタート時点で露点に達していて、結露しますからね。
ところで、どうして(2)は正解できたのかな?w

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる