ここから本文です

『米国の原発、4基400万kWが早期廃炉へ! 採算取れず! 米国FES』2018/05/08 ...

blu********さん

2018/5/901:23:14

『米国の原発、4基400万kWが早期廃炉へ! 採算取れず! 米国FES』2018/05/08


米国では、
◆米国の2大原発会社、GE社とWH社は、原発建設事業から撤退した。

◆シェール革命で、ガス火力が、石炭火力や原発よりも安くなった。
◆太陽光と風力が、石炭火力や原発よりも安くなった。

米国の既存の原発約100基の全てが、建設が始まってからすでに40年前後経過しており老朽化している。
それが、「ガス火力」と、さらに「再エネ」にも、コストで太刀打ちできなくなった。

米国の原発は、今後、一気に大規模に縮小・廃止に向かうのでは?



日本でも、現在、本当は、原発の発電コストはLNG火力よりも圧倒的に高い。

さらに、
日本だけが世界から大きく遅れてはいるものの、
まもなく、日本でも、再エネのコストが火力並みに下がる?

日本の原発50基は、どうなる?どうすべきか?



・・・

『米国/4基早期廃炉計画で波紋』2018/05/08 電気新聞

「◆安定供給への懸念、PJMは否定/温室ガス排出削減「深刻な影響」指摘も

卸電力市場の価格低下で採算が取れないため、米国北東部のペンシルベニア州とオハイオ州に位置する原子力発電所4基・約400万キロワットを早期に閉鎖する計画が波紋を呼んでいる。

現在の市場環境は、エネルギー安全保障と安定供給の上で懸念があるという運営会社の主張に対し、エリアを管轄する地域送電機関(RTO)のPJMは早期閉鎖に伴う悪影響はないと、5月初めのリポートで反論した。一方、温室効果ガス排出削減の観点からは深刻な影響があると、米シンクタンクのブラトル・グループは分析している。

4基を運営するのは米エネルギー企業のファースト・エナジー・ソリューションズ(FES)。」



・・・

<本当は、発電コストは原子力が圧倒的に高い!>

◆維持費:震災後7年間で9.8兆円(未稼働原発7兆円)
◆建設費/百万kW:1兆円以上(LNG火力なら700億円)
◆燃料費(MOX燃料): ウランの9倍 再稼働で燃料費は上がる!
◆廃炉費用/1基:約千億円以上
◆安全にならない安全化費用:4兆円以上
◆事故原発の収束費用:9→21.5→70兆円
◆東海村再処理施設の廃炉費用:70年間で1兆円
◆核燃料サイクル(六ケ所再処理など):13.9兆円
◆もんじゅの次の高速炉開発:数兆円
◆中間貯蔵施設:再稼働で増える使用済み核燃料棒で増設要:1兆円?
◆電源三法交付金: 総額9兆円
◆原発関連の随意契約/天下り/寄付金/広告宣伝費の無駄使い: 年間数兆円?
◆次の原発事故への賠償金の積立て/保険: 行なわない
◆核廃棄物の将来コスト: 百万年管理する建物の建築費だけで「数千兆円」
もしMOX燃料を使えばそのコストはさらに10倍に!


原発を再稼働すると、日本国民は大損する!



・・・

<原発が無い方が、圧倒的に、燃料費もCO2も削減できる!>

(1)原発を即時に廃止宣言すれば、それだけで、

(2)老朽火力から効率良い「LNG火力」への更新・転換が一気に進む。
余りにも採算性が良いので、民間資金による一般の企業活動として。
→それだけで燃料費もCO2も約1/2に減少する
→輸入燃料費の削減で莫大な利益が発生する

※LNG火力は、出力調整が容易なので、再エネの出力変動を調整できる

(3)再エネ
出力調整のできない「原発」を廃止し、出力調整の苦手な「石炭火力」を縮小すれば、
その分、再エネを大幅に拡大できるようになり、世界各国と同様に日本でも、2030年再生エネ比率50%が可能になる。

※日本は世界でも特に再エネ資源に恵まれ、ドイツの9倍の資源量がある


原発を即時に廃止宣言すれば
・再エネコストが世界各国と同様に大幅に下がり
・LNG火力と再生エネで、輸入燃料費は大幅に減少し
・2030年までに燃料費もCO2も1/4に削減できる!



・・・

<なぜ世界中で日本だけ再エネコストが下がるのが遅いのか?>


<原因>

①原発のために、電力市場が開放されていない

世界で日本だけが、
・電力自由化が遅れ
・電力自由化が骨抜きにされ
・公正な自由競争環境が実現されず
・再エネの導入量が少なく、量産効果が実現できない

②政府・自民党と、経団連幹部企業群と、大手電力会社が、過去の縮小する産業である「原発」や「石炭火力」の既得権益を、執拗に守ろうとしている

③送電線と卸市場
・実際は2割しか使っていない送電線は、原発優先なので、再エネ事業者は”満杯”を理由に接続が拒否される
・再エネ事業者は法外な接続料を要求される
・電力卸市場は操作されて異常に高く、新電力潰し、再エネ潰しが横行している

④原発の存在そのもの
そもそも、出力調整のできない「原発」を残せば、出力変動の大きい「再エネ」の大幅拡大はできない


原発を即時に全て廃止宣言すれば、日本の再エネのコストは世界と同様に大幅に下がる!


CO2,再エネ,原発,LNG火力,石炭火力,オーストラリア,核問題担当デイブ・スウィーニー

閲覧数:
77
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2018/5/919:34:33

新設される原発もあるでしょうが、廃止される原発の数が圧倒するでしょう。原発は黄昏を迎えています。
日本政府もその現実を受け入れ、原発再稼働を諦めるべきです。
電力は『原発』から『再エネ』に移ってきているのです。日本も洋上風力発電の普及を計るべきです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pow********さん

2018/5/917:24:23

アメリカのGEは原発から撤退した。万が一の事故の
保証コスト考えたら火力が安いからといわれている。
Co2これよく原発推進派が言うけど植物が光合成にも使うから
それほど気にはならない。
Co2が気になるなら緑地化推進したほうがよいと考える。
ようは原発ではなくても電気は作れるのだから
原発はいらないと考える。
私たち日本人もそうだがオーストラリアの

レンジャー・ウラン鉱山で汚染物質の流出;カカドゥ国立公園で
地元住民に恐怖

この企業は関電、九電、四国、伊藤忠商事の合併会社で
GACのジャスティン・オブライエン事務局長は、「だらしない鉱山会社がだらしない規制庁のもとでだらしない仕事をしてきた結果だ」と酷評。

豪州環境保護基金(ACF)の核問題担当デイブ・スウィーニーも
レンジャー鉱山を「aging, failing, risking」
(老朽化、故障続き、危険増加)の三拍子だとして、
会社側の無策を批判しています。

原発推進派はオーストラリアの原住民の生活と健康を害する
死神と同じといえる。

lul********さん

2018/5/905:46:46

まーた性懲りも無く工作かい?
こんなやり方しても世間は振り向かないぞ(笑)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

com********さん

2018/5/903:36:02

シェールガスの温室効果ガス排出量が、従来の天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘が学会から上がるようになった
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%...

コストだけの問題ではないし。

再エネ大国ドイツの電気料金は、原発大国フランスの電気料金の倍。

経産省など省庁の方針は再生エネルギーの推進なんだから、365日24H安定供給、コストの問題をクリアできれば、そうなって行くでしょ。

世界的に見て、原発は建設中、建設予定の国がまだまだあるので増える。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる