ここから本文です

夫にかけていた生命保険 約2500万円、預貯金約500万円、持ち家(500万円...

アバター

ID非公開さん

2018/5/1406:17:49

夫にかけていた生命保険 約2500万円、預貯金約500万円、持ち家(500万円くらいの価値がある?

)夫が死亡して、妻、子供二人(それぞれ家庭があり別居)がそれを相続する時
相続税はかからないみたいですが、それでも年末調整のために税務署に申告に行くのですか

夫が死亡の折には、子どもには500万円ずつ渡し、残りは妻(私)の老後資金にしようとうかと思いますが、その500万円は子供は税務署などに申告しないといけないのですか。
相続税が逃れたとしても、所得税やその他の税が、私や子どもにかかってくるのですか

閲覧数:
265
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ste********さん

2018/5/1407:15:39

生命保険の契約者がご主人自身であれば、おっしゃるとおり相続税は課税されませんので、質問者様、お子様とも、申告は必要ありません。
相続税の申告が必要になるのは、相続税が課税される場合、または、一部の特例等を使うことによって非課税になる場合です。
また、相続した財産に、所得税など相続税以外の税金が課税されることはありません。


なお、「年末調整」とは、会社員などの給与所得者が勤務先で源泉徴収された所得税の精算を行うための手続きのことです。
ご質問の場合、行うとしたら、「年末調整」や「確定申告」ではなく「相続税の申告」です。


ご参考:ご主人の遺産の相続税評価額と基礎控除額

生命保険(2,500万円):1,000万円
預貯金(500万円):500万円
不動産(500万円):500万円
合計:2,000万円 … ①
※生命保険は「500万円×法定相続人の数(3人)=1,500万円」が控除されます。
※不動産のうち「土地」は路線価で評価します。路線価は時価の概ね80%相当です(ここでは路線価を無視して記述しています)。

基礎控除額
=3,000万円+600万円×法定相続人の数(3人)
=4,800万円 … ②

①が②を下回っているため、相続税は課税されません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/5/1407:58:50

    丁寧な回答感謝いたします。

    参考にさせていただきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/16 07:30:59

丁寧に回答くださりありがとうございました。

その他の方々の回答もみんな同じ内容でしたので、
申告しないでよいということがきちんとわかりましたので、
ほかの回答者様たちにも感謝いたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pat********さん

2018/5/1411:33:16

相続税はかからないみたいですが、それでも年末調整のために税務署に申告に行くのですか>年末調整ではありません。 相続税は 確定申告します。

ただし

3000万円 + 600万円 × 法定相続人の人数 が 控除できることになります。

控除額以下の場合は 確定申告する必要はありません。

gg1********さん

2018/5/1406:59:21

生命保険の実質保険料負担者や持ち家の相続税評価額、生活用動産、夫の職業、それに付随するものがさっぱりわからないが、文章の雰囲気から推測すると税務署に年末調整ではなく確定申告する必要はない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる