ここから本文です

人事部の女性取締役が、自己愛性パーソナリティ障害であった場合、今後その職場は...

iam********さん

2018/5/2201:00:04

人事部の女性取締役が、自己愛性パーソナリティ障害であった場合、今後その職場はどうなると思いますか?

Wikipediaより:
自己愛性パーソナリティ障害の症状
人より優れていると信じている

権力、成功、自己の魅力について空想を巡らす
業績や才能を誇張する
絶え間ない賛美と称賛を期待する
自分は特別であると信じており、その信念に従って行動する
人の感情や感覚を認識しそこなう
人が自分のアイデアや計画に従うことを期待する
人を利用する
劣っていると感じた人々に高慢な態度をとる
嫉妬されていると思い込む
他人を嫉妬する
多くの人間関係においてトラブルが見られる
非現実的な目標を定める
容易に傷つき、拒否されたと感じる
脆く崩れやすい自尊心を抱えている
感傷的にならず、冷淡な人物であるように見える

閲覧数:
600
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jac********さん

2018/5/2614:30:56

基本的に取締役まで出世する人は、人間は2種類しか存在しないと考えています。

①使用人
②敵

ですからあなたの会社の人事部部長は普通の人です。

特に人事部の仕事の特性上、社員からのいろいろな悩みや要望を聞かなくてはなりませんのでコミュニケーション能力がある人が多いです。
しかし親身に聞いている風に見せるスキルがあるだけで、頭の中では次の仕事の内容を考えていたりしています。
にこやかに接しながら資料には「問題社員」のチェックを付けているでしょう。
自分の昇進のためなら他人の人生などどうなっても良心の呵責は感じません。
人の人生を左右するようなクリティカルなジャッジもストレスなくできます。

要するにサイコパスなのです。
そうでないとこの仕事で昇進できません。
付け加えると、彼らが冷酷なのではなく、自分の適当なやっつけ仕事で他人が追いやられる厳しい状況に対する共感性が全くないのです。これは遺伝子の問題ですので彼らに悪気はありません。

大きなリストラを決行する経営者も普通の感性ではストレスに耐え切れません。
ストレスなく意思決定する能力がサイコパスなのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lov********さん

2018/5/2210:16:05

自己愛なんてみなに当てはまることを学者は特に取り上げて言わないと自分の学問領域が広がらないからそういう用語をすぐ作りますね。

プライドが高いということと同じです。あまり心理学的に人を見過ぎないことが大切ですよ。

現実に直接その人に会えばそれで全体を感じていけばいいでしょう?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる