ここから本文です

ginさん、はじめまして。 輸血拒否の教理について、こちらのサイトをお薦めいた...

ex_********さん

2018/5/1507:45:56

ginさん、はじめまして。

輸血拒否の教理について、こちらのサイトをお薦めいたします。

( ̄^ ̄)!
http://gospel-jw.com/doctrine-blood-transfusion/

エホバの証人への福音
http://gospel-jw.com/

どう思いますか?

この質問は、gin********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
166
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gin********さん

リクエストマッチ

2018/5/1711:40:59

ex_さん、こんにちは。

はじめまして。リクエストありがとうございます。

わかりやすいサイトですね。
存在を知りませんでした。
他の記事も、興味深く読ませていただこうと思います。
教えてくださって、ありがとうございます。

禁じていた種痘を『さりげなく』解禁するために、センセーショナルな輸血拒否解釈を作り上げてカモフラージュ疑惑…

血に関する聖句を、強引に拡大解釈し、時代と状況を深く考慮しない根拠の乏しさ。

それらを情報統制されて知らずに、世界中で見られているであろうJW界の輸血拒否トラブル。

緊急輸血と聞けば関係者が集まって、良かれと思って輸血拒否を説き、もめている間に、失われる命。

知らないというのは、本当に恐ろしいことですね。

  • 質問者

    ex_********さん

    2018/5/1807:51:02

    回答どうもありがとうございます。
    輸血拒否問題に関してお役に立てればと思い、サイトの方を紹介させていただきました。

    >血に関する聖句を、強引に拡大解釈し、

    仰るとおりです。

    >知らないというのは、本当に恐ろしいことですね。

    本当に恐ろしい組織だと思います。
    JWは「命<信仰」といいますが、聖書の教えは「信仰<愛」です。愛ゆえに命を救うことは神の御心に叶っています。エホバの証人の信仰はパリサイ人のようです。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/5/19 23:22:26

回答どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2018/5/1521:36:34

エホバの証人組織の輸血拒否、組織の嘘


無輸血手術は死亡率が低いと組織は言いますが、実際は

「「エホバの証人が過激主義者とされる理由:輸血拒否のエホバの証人手術死亡率は、一般患者輸血手術死亡率の1200倍~3万倍も高い」
という記事です。

https://blog.goo.ne.jp/john_the_baptist/e/5519afb9165a275333eb6fa04...

yan********さん

2018/5/1512:31:23

元エホバの証人のyangmaskです。


この筆者の方も、「1914年」の年代特定に疑問が生じたようですね。元統治体だったレイモンド・フランズ氏と同じパターンだな・・・と思いました。

要するに、「聖書<考古学」という思考になっていますね。聖書はこの上なく明確に「70年」と述べているわけですので。考古学の学者が、将来変更されるかもしれない説を提示しただけで、ぐらつくほどの信仰・確信しかなかった・・・のだと思います。非常に残念な思考です。

まあ、エホバの証人の排斥者を寄せ集めても、単に、エホバの証人の組織の劣化版を作るのがせいぜいでしょう。現行のエホバの証人の組織を上回るようなレベルには達しないと思います。そもそも、その組織から落伍した人たちが集まって、恐らくは、現行JWよりもゆる~い基準でまったりのんびりとやっていくのでしょうから。

luc********さん

編集あり2018/5/1512:40:58

彼らは理解力がないのです。仕方ありません
時と場合がある、
という、ことを知りません

モーセがこの時代にいたら、
輸血問題については、手術することを認めていましたね
救える命を救わないのは、
悪魔のすることだからだ。
イエスもまた同じように言っていたでしょう。

そうしたら彼らの意見は180度変えるわけですから、
彼らは人形でしかない。
だって自分で考えることはしないんですから、理性も失ってます

命あるものを奪ったのであれば、それは殺しと変わらない
十戒の人を殺してはならない、を犯すことにもなっている
だから、結局のところ罪人となるわけだ

殺しても罪、
輸血をしても罪
だったら私は輸血という罪を犯して、人を、生かす道を説きます

それに、エホバ証人は罪を犯すという定義に恐れているが、
イエスの罪の赦しを説いていない
そのために、輸血問題について赦される、とは一切に思わないのです
だから、キリスト信者と言っても
イエスの言葉は届いてないのです

「人を救うために、罪を犯すことを赦してください」
それで、いいえと言う神が一体どこにいる?
まさに、それを語る霊こそ悪い霊以外に何者でもない

勘違いで、哀れなエホバの証人は、己の聖書解釈をねじ曲げてるだけに過ぎません

義を語るなら、
せめて最後まで義を通してほしい

kyu********さん

2018/5/1509:52:47

おじゃまします。

おやさい、と申します。

>【聖書を読んでもいない人間が批判するな】と言われ
>てしまいます。

聖書に書かれていることは真理であり、エホバの証人の方の解釈のみが、正しい解釈である、ということが前提となってますので、その論拠になる、『聖書』を、読んでもいない人間とは、話しにもならない、ということのように感じます。

>私は聖書の内容は少ししか知りませんが、本来は愛の
>溢れた教えだと思っています、・・・

愛のある、具体的な言動については、聖書は網羅しているわけではないため、一般論との議論の余地もあるかとは思いますが、そのことに関心がないエホバの証人の方は、そういった反応をされるように感じます。

少なくても、普通に話しができる、エホバの証人の方は、いらっしゃいますので、その部分では、個人によるのだと感じます。

やり取りを『何のためにするか』の思考自体から、ずれがあるように感じます。

主義主張の是非以外の部分に、意味のあることもあると思いますが、なかなか、そう言った、やりとりにならないことが、難しいところだと思います。

puk********さん

2018/5/1509:49:25

おそらくこの子の親は信者で、信者仲間に相談したんでしょうね。
だからお仲間が押し掛けてきた。
お仲間にしたら所詮は赤の他人の出来事だから、
少女の命<<<(越えられない壁)<<<自分達の教義と信仰。
親にしても同じ。
子どもの命より信仰(する私)が優先。
苦痛に耐え、生きたいと望む子どもに教義を守れば皆で楽園だとでも説得し、生きる選択肢を狭めた。

このあとで子どもを殉教者として讃え、親には自己満足たっぷりの自称:愛ある励ましと慰めを施したんだと思います。


命にかかわる状況で、自分の信仰に他人(子ども含む)を巻き込むなと心から思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる