ここから本文です

「ノアの方舟」と現代科学について質問です。 「ノアの方舟」とは、旧約聖書の...

国家五芒星十字党さん

2018/5/1517:07:59

「ノアの方舟」と現代科学について質問です。

「ノアの方舟」とは、旧約聖書の『創世記』(6章-9章)に登場する大洪水にまつわる、ノアの方舟物語の事だが、ここで質問です。

1.動物や鳥を多く載せることができる方舟を作り出すことは、現代科学から見て、古代の技術レベルでは、実現可能でしょうか?

2.旧約聖書の『創世記』にある第6章から第9章では、大洪水が起きたと記載されているが、現代科学から見て、大洪水が起きる可能性は判明されているのでしょうか?

3.「ノアの方舟」は実在したのでしょうか?

方舟,ノア,旧約聖書,創世記,現代科学,バベルの塔,教会

閲覧数:
20
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/5/1517:10:34

ノアの大洪水の記事の真偽を検証する場合、キリスト教会は
聖書の記事を検証する能力が全くない事が明らかになります。

ノアの大洪水の物語りのすぐ後に、バベルの塔の物語りが
書かれており、そこで「多くの人達に知らしめる為に巨大
建造物を建てよう」と書かれており、既にバベルの塔の記事の
中で、不特定多数の民が存在する事が示されています。
またそのあとにもソドムとゴモラの記事があったり、イサクや
アブラハムがエジプトのファラオに喝見する記事があります。

それは、ノアの大洪水の記事が世界規模の大洪水ではなく
例えこの様な大洪水があったとしても、一部地域に限定した
大洪水であったことを示しています。

聖書の記事を一字一句信じるのであれば、当然のこととして
そのあとに書かれている記事も信ぴょう性の高い記事として
扱うべきなんですが、キリスト教会はそれを全く考えずに
世界規模の大洪水だと勝手に妄想を広げて言ってるだけの
甚だ不見識な、お粗末な宗教だと言う事です。

一部地域の洪水だとした場合、動物の種類も限定されますし、
一時避難として難を逃れることは可能かもしれませんし、
復帰後又外部との交配により種を存続させることも可能です。

キリスト教会は、折角の貴重な聖書の物語を自らの愚かさに
よって、クダラナイ与太話にしてしまってると言う事です

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる