ここから本文です

「ソドムとゴモラ」と現代科学について質問です。 「ソドムとゴモラ」とは、旧...

nfk********さん

2018/5/1517:24:35

「ソドムとゴモラ」と現代科学について質問です。

「ソドムとゴモラ」とは、旧約聖書の『創世記』に登場する天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされる都市(商業都市)であるが、ここで質問です。

1.「ソドムとゴモラ」の災害は、現代科学から見れば、隕石の衝突が原因なのでしょうか?

2.「ソドムとゴモラ」に出てくる都市は、実在した都市なのでしょうか?

ゴモラ,ソドム,現代科学,都市,旧約聖書

閲覧数:
43
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lux********さん

2018/5/1517:26:09

あそこは大地溝帯ではあるけれど、少なくとも 5,000 年以上、噴火の形跡は無いんだよ。

で、隕石云々というのは割と最近に出てきたもので、アッシリアのニネヴェ図書館(前 7 世紀)に所蔵されていた楔形文字の天球図が、コンピュータ解析で解読されたんだ(妥当性は確認してないけど)。

それによると、前 30 世紀頃に地中海に隕石が落ちたとのこと。まあ、それを記録した粘土板が前 7 世紀なわけだから、信憑性の程は定かではない。また、それによってソドムとゴモラが滅びたとは全く書かれていない。

ただ、解読した研究者が「可能性の一つ」として、隕石によって巻き上げられた海水が地上に降り注ぐこともありえただろう、ということでソドム・ゴモラ物語に言及している。

それが一人歩きして、質問者さんのようにこんがらがったわけさ。科学的態度というのは「結論がそれっぽい」ということではなく、まずは事実を確認していく所から始まるんだよ。

---

前 8 世紀のアモスが、神の滅ぼしたソドムとゴモラを知っているので、ソドム・ゴモラ伝承自体はそれなりに古いものと見なせるだろう。

ただ、これがロト物語に組み込まれたのは、たぶん前 7 世紀よりも後だと思われる。アブラハムが神に食い下がる場面が、バビロン捕囚前の預言者たちの姿と重ね合わされているとするなら、前 6 世紀頃になるかもしれない。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる