ここから本文です

漫画やラノベで原作者が亡くなってその話の続きを書く人はいないのですか?やっぱ...

hac********さん

2018/5/1701:26:18

漫画やラノベで原作者が亡くなってその話の続きを書く人はいないのですか?やっぱり本人でないと考えや話の構造が違ったりして読者から受けがよくないと言われるからですかね?

閲覧数:
97
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oky********さん

2018/5/1701:30:14

まれですがアシスタントが続きを書くことがあります。
クレヨンしんちゃんなどがそうですよ。評価は微妙ですが

  • 質問者

    hac********さん

    2018/5/1701:34:35

    そうなんですか。教えてくださってありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rhz********さん

2018/5/1823:55:02

現時点、故・ちばあきお氏の「プレイボール」の続編である「プレイボール2」を全く第三者であるコージィ城倉さんが執筆されております。←…まあ絵自体は確かに割と似ているのですけど…個人的には内容の方が未だ何となくしっくり来ていない状態です。

↑自分の個人的な感想は横に置いておくとして…著作権問題もさることながら実質的に「自分がやります」と名乗りを挙げる漫画家さんも少ないのかもしれません。

mmd********さん

2018/5/1823:29:54

確か、ゼロの使い魔もそんな感じだったかな

taj********さん

2018/5/1701:51:29

スニーカー文庫で昔トリニティブラットというラノベがありました。

作者が亡くなって、編集者が同じ雑誌に連載してた方に続きを依頼したと載っていましたが

結局は流れてしまいました。国民的なものじゃないと難しいかもしれませんね

プロフィール画像

カテゴリマスター

exh********さん

2018/5/1701:46:29

著作権関係がクリアできて、需要があれば書き継がれますよ。

ただ、多くの場合は原作者本人が書けなくなれば終了されてしまいます。
生前の原作者の希望があったり、そのためにプロットなどを残し委託される場合もありますが、稀な例です。
既に挙げられている「クレヨンしんちゃん」も該当しますし、記録的な長編小説「グイン・サーガ」も作者の死後は他の作家が続けています。

「屍者の帝国」は、冒頭のわずかな部分だけを遺し絶筆となり、遺族の承諾を得て親交の深かった作家が引き継ぎ完成させ、アニメなどにも展開しました。

古いラノベになりますが、「トリニティ・ブラッド」は、原作者存命中にコミカライズが始まりましたが逝去、原作未完となりましたが、膨大な資料が残され(その多くが資料集のような形で刊行もされ)、漫画作品として継続しており、完結までが描かれる予定になっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる