ここから本文です

小田原市で家を持つことを検討しております。

アバター

ID非公開さん

2018/5/1713:22:16

小田原市で家を持つことを検討しております。

中古戸建てとマンションは考えていません。

場所は小田原駅、足柄駅周辺がいいかなと思っています。

数年後に不動産関係が値下がりするという情報(うわさ)がちらほら飛び交っていますが、上記の場所はどうなんでしょうか??
どのくらい値下がりそうなど、可能性の話で構いませんので、教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願い致します。

閲覧数:
56
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2018/5/2412:39:50

東横線沿線と電都沿線で仲介業をしていますが、結論から言うと極端に安くなります。 今後土地の値段が安定するのは23区全域と横浜の中心地、大阪などの大都市の中心地は安定しますが逆に郊外は極端に土地価格は下がります。 下がる理由で大きなのが2点

1、少子高齢化で郊外需要が減ります。2016年に発表された国勢調査ですが、20歳以上の就労者対象調査での2039年予想ですが4割が独身、3割はDINKS(共働き夫婦だけの世帯)3人以上は2割、4人家族以上はわずか1割です。 昭和の頃の様に4人家族が大多数な時代なら郊外の戸建て需要ありましたが、独身、2人家族が7割で3人家族も2割だと郊外の家より会社へ自転車で通える都心のマンションを選ぶ人が大多数になってきます。 のこりの1割の4人家族以上が郊外でかうしか選択が無くなります。 そうなるとまず今小田原で土地を買っても将来は需要が全くと言う位無くなってきます。

2、20年後は今の団塊世代がほとんど亡くなります。今現在の持ち家の6割は郊外で家を買った60歳以上の人です。20年後1の理由で戸建て需要が無くなる中、20年後今の高齢者の家が亡くなると同時に一斉に売り家になります。そうなると売り物件が溢れても郊外は需要が減るので売りに対して買いの需要が極端に減る為、捨て値で無いと売れなくなります。

現状すでにですが人気のたまプラーザとかですら土地価格が下がっています(駅から徒歩10分以上) 小田原あたり一生住むと言う覚悟があるなら良いのですが、資産面で言うと無価値になる可能性のが高いです。 買うなら2035年以降ですね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jim********さん

2018/5/1713:56:42

箱根に近い小田原は、値上がりしそうですね。でも、個人的には、住みたいとは思いません。渋滞も有るし。商業施設なども周辺に出来ていますし、小田原漁港の魚も人気ですね。地震の心配は、割とあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる