ここから本文です

祖父の代からの貸地で祖父から母、母(24年前に他界)から姉が相続しました。今、...

moh********さん

2018/5/2512:13:10

祖父の代からの貸地で祖父から母、母(24年前に他界)から姉が相続しました。今、借主は二代目と思います。しかし、家族の方から連絡があり、借主の方が認知症になられたみたいでホームに入られるそうです。

土地の解約したい旨で、契約書を見せて欲しいと言われました。しかし、契約書はありません。どう対処したら良いでしょうか?

閲覧数:
36
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dam********さん

2018/5/2515:42:57

双方に契約書がないのですから、旧借地法の規定に
従って処理されると思います。
建物を解体して更地にして、建物の滅失登記をしてもらって
借地契約は終了となります。敷金など預けていたという証拠でも
示されれば、支払う必要はあるでしょう。
それ以外の条件などを提示されれば、検討すればよいです。
建物の買取などに応じる義務はないし、借地権の第三者への
譲渡転貸に応じる義務もないです。

質問した人からのコメント

2018/5/28 09:26:07

有難うございました。専門の事が中々分からず、借地のご家族の方に話をします。本当に有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mom********さん

2018/5/2512:54:36

東京の建売業者です。

今、まさに借地権者の立場での底地権者と『借地権譲渡承諾』の交渉をしてます!!

主様は底地権者ですので逆パターンです。


主様の立場でのお話しをします。

借地権者から土地賃貸借の解除要請が有るなら、『建物を解体して更地にして返して下さい』で、その話に乗ってくれたら終わりです。

最近ならともかく、昔ですと契約書も無く境界もいい加減なものです。

『○○○坪で○○円です』とかの紙切れの場合もあります。

主様も、契約書も無くそんな感じですから解体更地で終わりです。


しかししかし、現実、借地権には価値があります!!

借地権者も知恵が有りますからゴタゴタ言ってくる場合があります、その場合には底地権者はあの手この手で対処します、大変です。

ですので、多分老人ホームに入るには金が掛かりますから現在手元にはお金が無さそうですので解体費用が無いと思われます。

従って、『昔からのよしみで解体費用ぐらい出してあげますよ』で借地権売買しないように持っていければこちらのものです!!解体費用ぐらい安いもんです。

私が今取り扱っている案件は、地主が借地権譲渡を承諾しない借地権付建物購入です、裁判所へ『代諾許可』申し立ての可能性が出てきました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる