ここから本文です

急性期病棟の役割とは? 現在、「急性期病棟の役割」について調べていますが、急...

wak********さん

2008/9/1205:56:24

急性期病棟の役割とは?
現在、「急性期病棟の役割」について調べていますが、急性期病棟とは、「重点的かつ高度な入院医療を提供する病棟であり、基本的には短期入院の病棟である。」といった定義しか分かりません。

具体的にどういったことを行っているのか、また、患者やその家族に対する役割と地域に対する役割を詳しく教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
19,146
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2008/9/1216:57:02

病気は急性期→亜急性期→回復期という流れで回復していくという定義になっています。
急性期病棟というのは病気のもっとも重篤な、重い時期をさすことになりますので、この時期の治療を受け持つ病棟であるという解釈でいいと思います。
つまり、最初に回復に向かうまでの方向が出るまでを急性期病棟で治療するということになります。
脳卒中などなら最初の薬剤や手術からリハビリが可能になるまでの急性期を受け持つことになります。

あとは代表的な疾病などを参考に急性期~回復期までの定義を調べればおのずと役割は見えてくるのではないでしょうか。
患者、家族、地域に対する役割についてもここからの発展形で考察できると思います。
がんばって考えてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる