ここから本文です

ホルン五度って何ですか? ワザと和声で禁止されてる連続五度でボイシングするこ...

アバター

ID非公開さん

2018/5/2722:27:48

ホルン五度って何ですか?
ワザと和声で禁止されてる連続五度でボイシングすることですか?

閲覧数:
160
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2018/5/2800:35:17

2パートで、上がド→レ→ミ、下がミ→ソ→ドと動くようなパターンを想像して下さい。2つのパートは、最初が短6度、次が完全5度、最後が長3度となります。この進行を「ホルン5度」と言います。

独特の快さを伴う進行で、自然ホルン(つまり、ヴァルブやピストンがない、自然倍音列だけで吹く金管楽器)で出せる音で構成されているため、金管楽器で頻出します。

クラシック用語ですのでポピュラー系の人はあまり知らないかも知れませんね。

連続五度は全く関係ありません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/5/2800:44:32

    >連続五度は全く関係ありません。

    連続五度は管弦楽において旋律的な役割を担うホルンのパートであった場合、作らない方が無難なのですか?

    >上がド→レ→ミ、下がミ→ソ→ドと動くようなパターンを想像して下さい。2つのパートは、最初が短6度、次が完全5度、最後が長3度となります。この進行を「ホルン5度」と言います。

    最初が短6度、次が完全5度、最後が長3度となります。
    この法則がくずれれば途中に完全五度を挟んでいてもホルン五度とは言わないのですか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dea********さん

2018/5/3007:40:06

一点だけ~



連続五度が禁止されてるのは、和声……つまり、二つのパートを「別々のパートとして扱うなら禁止」ってことだよ。
実際の曲では、二つのパートを一つの音色のようにして、ユニゾンで扱うよ。

ホルン5度もそういうタイプ。
二つのパートでユニゾンをするときの連5は禁止じゃない。
そういうのは和声では出てこないけどね。(和声は作曲ではなく理論の練習だから、ユニゾンはやらない)

mbh********さん

2018/5/2811:17:07

既に説明がありますが、ヴァルブの無い古楽器であるナチュラルホルンが前提にあるのです。ホルン5度は自然倍音しかオープンな音が出せないナチュラルホルンの特性(制約)から生まれたもので、音楽理論ありきではないのです。
ホルンという楽器は管楽器の中でも高次の倍音(第16倍音までが標準)を使います。トロンボーンも倍音構成は同じですがスライドがあるので音列の制約を受けません。(ベートーベンが交響曲に用いるまでは教会の楽器という扱い)
トランペットはホルンほどの高次倍音は使えず、ナチュラルトランペットの時代にはほぼその調性のドミソしか使えません。なので古典物のラッパはティンパニとセットのリズム隊という扱いがされています。
ホルンは第9倍音のレの音が無理のない中庸な音域として使えるので和声を構成することが出来たのです。
ちなみにナチュラルホルンはクルークという長さの異なる管を付け替えることで様々な調性に対応します。モーツァルトやベートーヴェンのスコアを見て頂ければホルンにはinD inEとかinB(alto or basso)等の管長が指定されていて、基本的には楽章間は管の長さは変更しません。(変更する場合はその前後にクルークを付け替えるための長い休符が必要)
つまりホルンはその調性のドミソの他にレの音が出せることでソとレによりドミナントの5度を鳴らすことが出来るがゆえにI->V->Iという進行に用いることが出来ました。しかも自然倍音ですからホルンの柔らかい響きで純正でハモルことが出来たのです。
1番ホルンがドーレーミー2番がミーソードーと上向進行する
または
1番がミーレードー、2番ホルンがドーソーミーと下降する
の音形がホルン独特の特徴的な響きとして多用され、ホルン5度と呼ばれています。
現在のホルンはヴァルブにより管長を瞬時に切り替えることで半音階に対応出来ますが音の特徴としてはナチュラルホルンの響きを継承しています。

mas********さん

2018/5/2806:20:16

俗にホルン五度と言われている、ホルン独特の和音の響き。何故ベートーベンなど多数の偉大な作曲家が好んだのか、聴けば分かるはず。

まぁ自分の様な凡人には、ベートーベンの感じた事を代弁など出来ませんがね(苦笑)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cok********さん

2018/5/2723:20:59

5度は、低音では 使用する場合がある。
ギターなんかパワーコードと言って 1度と5度だけで
迫る。 禁止てことはない

カラートーンがないので長調か短調か分からんが
それは、他の楽器が埋めれば良い話

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる