ここから本文です

家庭裁判所の申し立て書や事情説明書に

ssc********さん

2018/6/302:39:26

家庭裁判所の申し立て書や事情説明書に

明らかに嘘を書いていいのか
法律的に問題は無いのでしょうか?

閲覧数:
68
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nig********さん

2018/6/323:19:01

結論から言うと、主張なんて嘘ばっかりですよ、弁護士も平気で嘘の主張をしますから。

それを覆すだけの証拠を貴方が用意しなければなりません、それが裁判です。

当然、嘘がバレたら判決に響くし裁判官の心象も悪くなるので、化けの皮を剥がしてやるのです。

質問した人からのコメント

2018/6/7 10:21:55

ありがとうございます。
弁護士は平気で嘘をつく
正義漢ぶった詐欺師
だと思います

弁護士は金儲けの手段ですから‼️

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ser********さん

2018/6/302:42:14

話し合いの時に不利になるかもしれませんよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる