ここから本文です

殺人が犯罪ではない国ってありますか?

アバター

ID非公開さん

2018/6/323:41:24

殺人が犯罪ではない国ってありますか?

閲覧数:
91
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

new********さん

2018/6/402:30:05

もしあったら、それはもはや人間社会でもなければ、国でもない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ram********さん

2018/6/406:51:05

猿の惑星くらいでしょうね

gdj********さん

2018/6/401:16:01

ひとつひとつの国について逐一調べたわけではないが、少なくとも自分たちの共同体に属する「仲間」を正当な理由なく殺害して罪にならない国、地域は現実世界ではないであろう。

「仲間殺し」を認めてしてしまうと人の共同体が成立しなくなってしまうことは何となく生きていれば自然とわかってくる。

そもそも「人殺し」の範囲は時代により地域により異なる。

近代戦争においては「戦闘意志を放棄しない敵」は殺してもいいが非戦闘員や降伏した者を殺すことは許されない。ましてや味方を殺すなど言語道断。
聖書の「ジョシュア記」に出て来るジェリコの戦いにおいては「敵に属する者は戦闘意志の有無、性別、年齢、人間か動物かの区別なくずべての生きとし生けるものはすべて殺してよい」と人類史上最大限にまで殺人の許容範囲は広がった。

逆に殺人はもとより自殺さえ禁じられることもある。

このように殺人の許容範囲は時代により、場所により伸び縮みするものではあるが、さすがに「自分たちの仲間」を殺すことまで広げることはしなかったし、これからもないだろう。

「自分たちの仲間」というのは人間にとって最後の境界線というか、人間社会の核であるからこの核をも破壊しても良い、としてしまうと物質が成立しなくなるのと同様人間社会もばらばらに砕け散ってしまうことを人間は半ば本能的に感得しているものと思われる。

だからよく若者が「なぜ人を殺しちゃいけないの?戦争では皆やってんじゃん」というようなことをほざくことがあるが認識不足も甚だしい。戦争においてもやっていいこととやってはいけないことのけじめはつけられているのだ。

じつは現代の日本においても許される「殺人」がある。

1.自分を殺すこと。すなわち自殺。これは罪にはならない。自殺者の財産が没収されることもないし、自殺者の家族が「犯罪者の身内」として肩身の狭い思いをすることもない。

2.死刑。法律の規定と手続きに沿うならばある一定の人間を「仲間」から除外し、その生命を絶つことが認められている。この「殺人」を認めるか否かは議論の分かれるところであり、現にこの「殺人」を禁じた国もある。

3.妊娠中絶。胎児も立派な生物であるがこれを「殺す」ことは許されている。胎児は(少なくとも法律上は)人ではないと規定することによりこれも人為的に「仲間」から外されたものである。中絶を禁止した場合に生ずる社会的不都合を回避するための至って便宜的な措置のひとつ。

だから漠然と「殺人を許している国はあるか?」と問われれば、相当多くの国が認めている、ということになってしまうが「無制限に許しているか?」という問いに対してなら、「皆無」という答えになるだろう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる