ここから本文です

著作権など法律について質問です。 大学のノート屋に代わるアプリの開発を考えて...

アバター

ID非公開さん

2018/6/323:51:51

著作権など法律について質問です。
大学のノート屋に代わるアプリの開発を考えています。同じ大学内でのみ学生がアップロードしたノートやレジュメが閲覧できるという仕組みです。

・マネタイズは広告、課金制
・閲覧できるのはその大学の学生のみ

部外者が見られなければLINEで交換するのと変わりない
ノートの交換の数に制限を設け、一定の数を超えて共有するには課金が必要
と考えておりますが
著作権など問題点がありましたらご指摘ください。

閲覧数:
41
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ilk********さん

2018/6/410:31:03

じゃあ著作権での問題点。
あくまでもこういうケースもありうるというもので、考えられているビジネスすべてで当てはまるものではありませんが、無視できないものかと思います。

簡単に考えられるのが

板書が著作物といえるような場合で
学生がその板書をほぼ丸写しでノートに書いて
そのサービスにアップロードした場合

この場合学生が自分でノートに板書を写すことについては、権利者であるその講義の担当教員が許諾しているとみるべきですし、そうでなくとも私的使用などで著作権の例外にかかり担当教員はノートに写すという複製について複製権の侵害を主張できないでしょう。

しかしながら講義に出ていない人間に対してもその板書を写したノートを見ることができるようにするという利用法に関しては、すべての教員がそれに対して許諾を与えるということはとても考えられません。

たとえ許諾がなかったとしてもその板書を写したノートを仲のいい友達に見せてあげる、その友達が自分でそのノートをコピーするということであれば、私的使用のための複製で対処できるでしょう。
また、そのノートを講義のために使うんであれば、講義の受講者のために複製することもできる余地はあるでしょう。

でも、アップロードしてそのサービスの加入者が閲覧できるようにするということに対して権利者許諾なく著作権侵害にならないようにするということはできないでしょう。
板書の複製物を公衆送信(可能化)することになり、板書の権利者の公衆送信(可能化)権の侵害になります。

公衆とは不特定又は多数の人間をさし、送信する相手が特定少数の場合は公衆送信には当たりませんが、仰るようなことを特定少数で行ってもビジネスになりませんよね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる