ここから本文です

なんでスキーの道具を『マテリアル』って言うんですか? 道具は、『ギア』か『ツ...

seo********さん

2018/6/614:59:51

なんでスキーの道具を『マテリアル』って言うんですか?
道具は、『ギア』か『ツール』だと思いますが?
教えて下さい。

閲覧数:
310
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jag********さん

2018/6/714:01:04

英語本来の意味・使用とは離れて、あくまで推測ですが、『スキーマテリアル』と言えば、板・ブーツ・ストック等々はもちろん、ジャケット・パンツの上下ウエアやニット帽等々、スキーをする上での用具関連すべてを網羅し得、すべて網羅させたい意図を含んでのことに思えます。

『ギア』や『ツール』だと、もう少し限定的に解される可能性が高いような。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

sno********さん

2018/6/711:51:47

(日本で)協会が、マテリアルと呼ぶように定義したからです。
理由は解りませんw

一般的には、GearかEquipmentあたりが自然な英語になると思います。
実際、英語で「Ski Material」などを検索すると板の素材などが出てきますね。
Toolだと、ドライバーなどの工具的なイメージになるようです。

マテリアルは日本語と考えてOKかな。

gag********さん

2018/6/711:35:45

単に道具でいいとおもいます。

qua********さん

2018/6/621:34:38

ドイツ語かぁ。。。スキーってドイツ語多いもんね。
いやね、ドイツ語は全然わかんないんだけど英語でスキー道具を指して「マテリアル」なんて言ったら「スキーをアートに見立てて、その素材だと言いたいのか?」なんて思うわけで、「そんな独りよがりの格好つけた言葉、恥ずかしくないのか?そもそも通じネェだろ。」なんて思ってたの。
>道具は、『ギア』か『ツール』だと思いますが?
それらよりも「エキップメント」が一番合ってると思うよ。英語では、一般にはそれで通じる。「ギア」っていうともうちょっと「装備」的な意味合いが強くなるね。→プロテクターなんかが代表かな。ゴーグルなどはギアと呼んでもいいかも。スキーを取り入れた山行・山スキーだとスキー板も「ギア」かもね。「ツール」は「それを使って何か作業を行うもの」っていう感じのもののことだよ。

pwr********さん

2018/6/620:05:47

マテリアル=材料
スキーの板が変われば、滑りは大きく変わります。
Aの板で出来ることがBの板では出来ないことも。
そんなわけでマテリアルと言うんだと思います。
牛肉で牛丼は作れますが、鶏肉では牛丼になりません(笑)

ギア、ツールは道具の意味合いです。
これらが変化してもスキーの滑りが大きくは変わりません。
包丁、鍋が変わっても牛丼は作れます。

そんな使い分けでは?

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuj********さん

2018/6/617:36:19

国際スキー連盟のスキーの道具の事は
Competition Equipmentと表示してます。
Competition Equipmentにはスキーだけでなくウェアも含まれるため
素材という意味だけではなく道具や生地の意味合いを含めてmaterialという表現をしていると考えます。
ただし道具を指す場合はスキーに関するマテリアルズと複数形にしないと材料や生地になってしまいます。
しかしスキーの世界ではマテリアルは道具としての意味の市民権は得てると私は考えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる