ここから本文です

宇宙戦艦ヤマト2202の銀河のネーミングについて。私は50歳の松本先生のファンです...

アバター

ID非公開さん

2018/6/719:38:52

宇宙戦艦ヤマト2202の銀河のネーミングについて。私は50歳の松本先生のファンですが、2202は2202という別作品で楽しんでましたが、このネーミングは流石にぶっ飛んでしまいました。

前向きに見ていこうと思ってますが、皆さまどういう印象を受けましたか。

閲覧数:
630
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gui********さん

2018/6/723:02:45

リメイクヤマト群には何の興味も無いのですが…「銀河」と
いうネーミングには心当たりがあります。

私などより遥かに先輩でらっしゃる(汗)との事、あるいはとうに
ご存知かもですが、「ヤマト」企画時'73〜74年頃、西崎Pたち
製作陣が、実は松本零士氏の前に小澤さとる氏にオファーしていた、
と聞いた事が。スタジオぬえの宮武一貴からの推薦だったそうで。

その際に小澤氏は、「ヤマト」企画の以前から独自に温めていた
創案があったのだそうで。それが添付画像の

「ギンガ、ギンガ、ギンガ(仮)」

という企画。

「地球の危機・人類滅亡の運命を救うため、戦艦大和の似姿をした
宇宙船『ヤマトワンダー』が、外の銀河へ“何か”を求め大航海に出る」
…とまぁ、基本プロットは「宇宙戦艦ヤマト」そのもの。

漫画の下書きだけは'66年頃に取り掛かっていたとかで、小澤氏の案
を初めて提示された西崎Pは唸らされたと言います。早速「宇宙戦艦
ヤマト(にやがてなっていく企画)」への参加をという要請がなされ
ましたが、しかし小澤氏は丁重にそれを固辞しました。「ギンガ〜」
を自らの手でアニメ化、という計画を本気で考えていたから。

怒る西崎Pでしたが、そこから小澤氏の推薦で松本零士氏の名が
挙げられた…とも。

なので「銀河」なる新造戦艦の命名は、その辺の経緯を知る
マニア向けの「目配せ」なのではないか、と思えます。
「2199」の際も、本来は不参加に終わった松本零士氏の、
「999」とか「ハーロック」とかを思わせるディティールが、
こっそり堂々と盛り込まれていたりしていませんでしたっけ。

「ギンガ〜」自体は結局埋もれた幻企画になってしまいましたけど、
その中では宇宙船「ヤマトワンダー」開発の中核であり、地球を救う
画期的テクノロジー、という設定で
「銀河博士の『ギンガフィールドゼネレーター』『ギンガパルスX線』
『ギンガギンガ航法』『ギンガコート』」などが提示され、その中に
『ギンガコア』なるものもあったようで。「2199」の「波動コア」
の、(敢えてする)元ネタ、だったのかも知れません。

まぁ、これらは全て私の推測に過ぎません。「ギンガ〜」という
企画案や、小澤氏の不参加の経緯などは事実でしょうが、それが
この度の「銀河」なるネーミングと関係あるかどうかは、何の証拠
もありませんので…。

リメイクヤマト群には何の興味も無いのですが…「銀河」と
いうネーミングには心当たりがあります。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pon********さん

2018/6/813:39:47

松本先生って松本零士の事?

2199から松本零士は作品には関係してませんけど

mor********さん

2018/6/723:32:53

>guiさん
小澤さとるさんへのオファーの話、いつぞやのアニ玉祭のトークショーでご本人が話してました。

それはそうと、静岡ホビーショーでのシークレット展示見て、
「航空戦艦シナノですか?」
と思ってしまいました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる