ここから本文です

XはYに1000万円を貸し付けた金銭の返還請求の訴えを提起した。 1、Yは最初...

ori********さん

2018/6/823:14:02

XはYに1000万円を貸し付けた金銭の返還請求の訴えを提起した。
1、Yは最初一部弁済を(200万円)を認めたが、それを撤回して、
1000万円の債権全体につき消滅時効の抗弁を主張した。

このような撤回、主張は許されるか?
2、Yは、既に1000万円を現金で弁済した、と抗弁した。
裁判所は、YがXにYの土地による代物弁済をした、と認定し、
Xの請求棄却できるでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
28
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2018/6/823:19:46

1主張は許される
2請求棄却できない
弁論主義違反


,

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる