ここから本文です

水平対向エンジン6気筒ターボのインプレッサSTi出してくれないかな~??

アバター

ID非公開さん

2018/6/916:50:30

水平対向エンジン6気筒ターボのインプレッサSTi出してくれないかな~??

4気筒ターボモデルと6気筒ターボモデルを出して頂きたいです。

補足インプレッサでもレガシィでもなくていいから

名前もデザインも一新して新しいモデルで出して欲しいですね

完全6発ターボモデル!!
水平対向エンジンに凝りたいです

閲覧数:
216
回答数:
16
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

er3********さん

2018/6/916:58:20

大きくて重いレガシィでは勝てないから、小型のインプを開発した
そのインプがレガシィより大きく・重くなったら本末転倒
もともとインプのライバルはランサーやカローラなどの5ナンバーサイズセダンだから

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oba********さん

2018/6/1100:26:13

スバルのパワートレインはデフの上にエンジンと
ミッションが乗っかる2階建て構造なのでフロント縦置きでは
問題が大きくなります。
SVXが3.3リッターで実用燃費が4リッターなみに大食いだったのも
そこに起因しています。

swz********さん

2018/6/1023:15:52

以前、EZ30と6MTを搭載したレガシィに乗ったことがありますが、あのスムーズさとフィーリングには惚れ惚れした記憶があります。ただこのクラスで、国内規制の中では使い切れないスペックとこの排気量のエンジンはモデル末期までは持たないかもしれないなと感じておりました。
実際その通りになりましたし。

発想は良いのですが、果たして実際に購入するユーザーがいるとして、それ以外の人間、はたまたスバル自体に何のメリットがあるのでしょうか?

開発にどれくらいかかるのか?
実際にそれを売上で最低でもペイにできるのか?
アフターフォローでも利益回収ができるのか?

いくら利益率の高いスバルでも無理ですね。

今はダウンサイジングターボやPHEVなどの電動化に向けた投資や企画開発を行うのが時代の流れとして最良だと思います。

それこそトヨタの完全子会社になってからでは遅いのです。現状のモデル展開や企画開発すら困難になってしまいます。下手すれば水平対向エンジンすらもなくされかねない。
そうなれば、骨抜きにされたブランド名だけ存続という末路に・・・。

gog********さん

2018/6/1011:11:58

需要が望めないから作らない、開発費用を回収できない、スバルは冒険しない、
ということで望みは非常に薄いです。
今になって直列やV型を作る技術も勇気も費用もないので水平対向を作るしか道がないのも事実です。

adv********さん

2018/6/1010:52:13

F6はやらないね。

金かかるから。

需要も見込めない。

mor********さん

2018/6/1010:43:52

北米輸出仕様の3.8Lレガシィならあるけど。国内販売はされていないのが残念。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる