ここから本文です

紛争の和解に向けた交渉は、裁判外であれば、弁護士でない人間や業者が行っても非...

アバター

ID非公開さん

2018/6/1300:30:58

紛争の和解に向けた交渉は、裁判外であれば、弁護士でない人間や業者が行っても非弁行為にはならないのですか?

いついつまでに未払金と年5分による金員を払えみたいな催告書と題する内容証

明が来ましたが、相手方代理人は行政書士になっています。

閲覧数:
46
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

men********さん

2018/6/1308:31:16

書面の代理作成、受領代行を超えるような事情があれば非弁です。

また、端的に言いますが、「行政書士」を冠する以上は、関連するあらゆる面で無報酬でなくては犯罪として処罰され得るものであり、さらにいえば、そもそも行政書士を冠して交渉することは倫理上の問題があるので懲戒事由になるものです。

真実として交渉代理をしているのならば、その行政書士を、是非、行政書士会、弁護士会へ通報してあげてください。
依頼者も知って依頼したのならば共犯になり得るものですが、通常は知らないと思いますので、依頼者にはやさしく指摘してあげてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

hho********さん

2018/6/1300:44:51

書類の作成だけなら行政書士でも大丈夫ですが、交渉の代行をすると非弁ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる