ここから本文です

をかし と あはれ の違いを教えてください。 どちらも「趣がある」という意味だ...

真由美ちゃんさん

2018/6/1320:56:45

をかし と あはれ の違いを教えてください。

どちらも「趣がある」という意味だったと記憶していますが、どういった用法の違いがあるのでしょうか?

閲覧数:
939
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

不如帰さん

2018/6/1413:28:26

例えば沈みゆく夕陽を眺めて「ああ、今日も一日が終わる。なんだか物悲しくてしみじみと感動するなぁ」と叙情的に思うのは「あはれ」。
同じように沈みゆく夕陽を眺めて「夕陽がこんなに赤いのは光の散乱が原因だというが、興味深いな」と知的に楽しむのは「をかし」。

「をかし」は理系、「あはれ」は文系と覚えています(笑)。

質問した人からのコメント

2018/6/16 22:41:32

皆さん分かりやすい回答ありがとうございました。

一番理解できたhotさんをBAにしたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/6/1415:53:19

いみじうあはれにをかしけれ---ですか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/6/1411:36:28

過去に同じご質問に回答しましたので、加筆して転載いたします。

「あはれ」……① 本来は感動詞でした。心の底から出る「あ~あ~」のような語で、強い感情全て(喜怒哀楽)を表わしました。『古事記』以下、多数の用例があります。
そこから転じて、心の底からのしみじみとした感動や感情(親愛、情趣、感激、哀憐、悲哀など)を表わす名詩、形容動詞にもなりました。
② 心に愛着を感じるさま。いとしく思うさま。また、親愛の気持。
③ しみじみとした風情、情趣の深さ。
④ しみじみと感慨深いさま。感無量のさま。
⑤ 気の毒なさま。同情すべきさま。それらを思いやる気持ち。
⑥ もの悲しいさま。さびしいさま。悲哀。
⑦ はかなく無常なさま。無常のことわり。
⑧ (神仏などの)貴いさま。ありがたいさま。
⑨ 殊勝なさま。感心なさま。ここから転じて「あっぱれ」という語が生まれました。
以上、②~⑨は全て、中古、中世に用例が見られる古語ですが、
現代の「哀れ、憐れ」は、この中の⑤⑥の意味が残ったものです。



「をかし」……本来は普通と違い、笑うべき様子をいいます。
同じ笑いにもいろいろあって、
①滑稽なさまである。おもしろおかしい。
②軽蔑の笑いをおぼえるさまである。(見ぐるしい。聞きぐるしい。つまらない。つたない。愚かに思える。ばかげている。くだらない。ばかばかしい。)
普通と違うというところから、
③普通と違って格別な趣があるさま。賞すべきさまである。魅力のあるさまである。
④感興をおぼえる。興味深い。
⑤物、景色などが美しく、趣がある。風情がある。
⑥容姿などが、美しく魅力的である。可愛く、愛すべきである。
⑦音楽、絵、字、歌、ことばのやりとりなどが、上手で趣がある。気がきいている。風流である。
⑧満足である。
⑨普通の状態でないものに対して、いぶかしさや奇異を感ずるさま。いぶかしい。怪しげである。変だ。妙だ。
以上、現在も残っているのは①と⑨です。

どちらも本来の意味さえ把握していれば、解釈に応用がききます。

mea********さん

2018/6/1402:53:49

現代語として捉えても良いですよ。

をかし はおもしろい=可笑しいであり、陽性の言葉。
あはれ は哀れ=もの悲しい、愁いなど陰性の言葉です。

どちらも心を動かされたという表現ですが、感情の方向が全く違います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる