ここから本文です

いすみ鉄道の社長が変わりましたが キハ52、キハ28、キハ20、キハ30は廃車、解体...

アバター

ID非公開さん

2018/6/1707:59:31

いすみ鉄道の社長が変わりましたが
キハ52、キハ28、キハ20、キハ30は廃車、解体になってしまうのでしょうか?

閲覧数:
754
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

編集あり2018/6/1709:03:49

何とも言えません。

今年度の冬には、キハ52の重要部検査の時期となります。それがクリア出来れば、しばらくは運行を続けられるでしょう。
普通の経営者なら、登場以来20万人の利用客を集め、いすみ鉄道のシンボル的な存在のキハ52を、簡単には廃車にはしないでしょう。
ただ、新社長が短期的な収支から目先の検査費をケチって、廃車にする可能性も否定できません。
キハ52が廃車になれば、検査期限の残るキハ28も運行出来なくなります。

あと、老朽化により故障で修理困難となり、廃車の可能性も懸念されます。キハをよく知るベテラン社員が定年により減ることも問題となりそうです。

キハ30は、前社長でも復活出来なかったことから、正式に復活が断念されるでしょう。
キハ20は新車のため、当面は使用されるでしょう。ただ、重要部検査に合わせて塗装をいすみ鉄道色に変更する可能性は否定できません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

au1********さん

2018/6/1722:33:49

キハ52の次の検査は2020年春です。
それまで持つか?、持ったとして検査を通すかは、今後公募で決まる社長しだいでしょう。(現時点の社長は暫定)
キハ30の扱いも。

キハ28は、片運転台だからキハ52しだい。

キハ20は、一番新しい新造車両ですよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる