ここから本文です

「はめを外す」の語源は何?

car********さん

2018/6/1916:24:56

「はめを外す」の語源は何?

閲覧数:
73
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

skf********さん

2018/6/1916:53:55

「はみ (馬銜)」を語源と見なす説は、現在では言語学的に否定されています。
江戸時代の時点で既に「破目」と表記されていましたが、これは「好ましくない事態」「のっぴきならない状況」という意味で、そのような事態や状況に陥るくらい度を過ごしたことをする――という趣旨の表現ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kan********さん

2018/6/1916:41:55

【羽目を外すの語源・由来】 羽目を外すの「羽目」は、馬を制するために口に噛ませる「馬銜(はみ)」が転じたものといわれ、「馬銜」は「はめ」とも読む。 この馬銜を外して馬を自由にすると、自由に走り回って手がつけられなくなることから、調子に乗って度を越すことを「羽目を外す」というようになったと考えられる。

語源由来辞典より。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる