ここから本文です

鑑定評価における開発法について、質問があります。

a62********さん

2018/6/2421:26:20

鑑定評価における開発法について、質問があります。

開発法は、三手法の考え方(原価法、取引事例比較法、収益還元法)を活用した手法として定義され、販売総額の査定については取引事例比較法の考え方を、建物の建築費などの査定については原価法の考え方を、投下資本収益率の査定については収益還元法の考え方を活用するされていますが、投下資本収益率の査定方法が記載されていないため、どのように活用しているのか、よく理解できません。
投下資本収益率は、どのように査定するのでしょうか。

また、投下資本収益率の査定に収益還元法の考え方を活用するとは、以下のような認識でしょうか。

例えば、割引率の査定において、金融資産の利回りに不動産固有のリスクを反映するのと同様に、投下資本収益率にも不動産固有のリスクを反映する。また、投下資本収益率には、開発事業に係わるリスクも反映する。

閲覧数:
15
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2018/6/2806:51:11

利回りから現在価値を計算

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる