ここから本文です

昔のアニメは唐突に物語の後半か最終回で地球が滅亡してマッドマックスを思わせる...

40Winksさん

2018/6/2519:27:27

昔のアニメは唐突に物語の後半か最終回で地球が滅亡してマッドマックスを思わせる荒廃した背景になりますが制作サイドはどういう意図でそのような演出をしていたのでしょうか?

世界が滅亡して離れ離れになっていた主人公とヒロインが再会するケースが多い。レイズナーに関して言えば前半は草食系だった主人公が後半では別人のように様変わりしている

(個人的に物語後半のエイジはケンシロウというよりキリコな感じがします)

補足全くの余談ですがレザリオンといい聖闘士星矢といいEDが廃墟になってるのは東映の趣味なのだろうか。東映以外だとマクロス2も最終回を廃墟で物語を締めくくってる

レイズナー,ケンシロウ,マッドマックス,キリコ,主人公,ドルバック,オーレンジャー

閲覧数:
49
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

whi********さん

2018/6/2520:14:07

まあ、世紀末だったが故の、終末論が流行っていたからです。ノストラダムスの大予言のブームの影響が色濃くあったのですね。

マクロスにしてもレイズナーにしても、マイナーな所ではドルバック、特撮ではウインスペクターにオーレンジャー。皆「1999年」がキーワードです。終末論に加え、80年代までなら「東西冷戦」で米ソの核戦争が危惧されていた時代。「北斗の拳」なんてまさに核戦争後の世界なワケで、そうした心配が身近な時代だったって事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる