ここから本文です

サッカーW杯『日本代表vsセネガル代表』雑感 とにかくW杯は予選も本戦も負...

pha********さん

2018/6/2522:02:14

サッカーW杯『日本代表vsセネガル代表』雑感

とにかくW杯は予選も本戦も負けてはいけない。

そういう意味では対セネガル代表戦は及第点だと言えるのではないだろうか。

何より、2度リードされながら、2度追いついたのは大きいと思う。

日本代表のメンタリティーは非常に良い状態なのではないだろうか。

繰り返しになるが、コロンビア代表もセネガル代表もポーランドも代表も、"地力"を考えたら「10回試合をしたら、9回は負ける相手」。

ただ、真剣勝負の世界では「地力」だけでは勝負は決まらないのが面白い。

現に世界ランキングでは8位のポーランド代表が連敗し、アルゼンチン代表も予選突破が"風前の灯"状態になっているのだから。

確かに昨日のセネガル代表戦は「勝てた試合」かもしれない。

決定機もそれなりにあった、特に大迫の空振り!?と乾のクロスバーは勿体なかった。

ちなみに我らがスーパー解説者のセルジオ越後さんのコメントは以下の通り(笑)

・『セネガルは初戦のポーランドとの試合に照準を絞っていたのか、日本との試合では明らかにコンディションが落ちていた。全体的にパスミスも多かったし、キープも満足にできていなかった。』

・『日本は、相手が本調子ではなかったことに助けられたという事実を忘れてはいけないよ。』

なんじゃそりゃ(笑)、ここまでくると、もう質の悪いクレーマーを超えている(笑)

(セネガル代表)のコンディションが落ちていた?

だから何? 本当に意味が分からない。

相手のコンディションが落ちていたら、勝ち点1が0.5になるのか?

相手が本調子であろうがなかろうが、そんな事は関係ない!! 真剣勝負は『結果が全て』です!!

次のポーランド代表戦だが、チームの中で意思統一がしっかりと出来ていれば、「引き分け狙い」も十分にありだと思う。

要はしっかりと11人で守って、カウンターをしかければいい。

もしくは、無理をせずに、ブーイング覚悟でパスを回して時間稼ぎをしてもいい。

まぁ、一番良いのはセネガル代表がコロンビア代表に勝利してくれれば一番良い(笑)

問題はGKだが、引き続き川島でいくべきなのか、東口を起用するべきなのか・・、難しい問題だと思う。

一般論から言えば、"負けていない"のだから、変えないのが常道かもしれない。

ただ、今大会の川島は・・。

最後に、今大会の柴崎は本当に素晴らしいと思う。

大島も柴崎に負けないぐらい"逸材"だとは思うが、やはり普段からスペインリーグで試合をしているのと、Jリーグで試合をするのでは"違う"のだとつくづく思う。

皆様はどう思うよ?

閲覧数:
423
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shu********さん

2018/6/2612:01:04

今回のW杯を見て、技術やフィジカルよりもメンタルの強さこそがサッカーには重要なのだと感じました、そして改めてサッカーは格闘技なのだと思い出しました

開始早々の弱者の決定的な一本のシュートによって、強者コロンビアのリズムが狂った
さすがに80分の11vs10はきついわな・・・だが勝ちは勝ち
コロンビアは前回大会の圧勝もあり日本代表を舐め腐っていたのだろう、ハメスを出しても後の祭りだった

この勝利で代表はかなり自信がついたんだと思う

セネガル相手に2度追いかけて追いつく戦いは、見事です!まさに侍魂!

今後の日本サッカーが見えてきたような気がします
・ハードワーク
・全員守備
もう日本人監督でいいよね!近い将来、選手としてヨーロッパリーグでやった日本人監督が登場するのが楽しみです

俺は3連敗して泣いて帰国する姿を思い描いていたが、ピークを過ぎたおっさん達が多い代表でここまでの戦いをしてくれるとは思いませんでした、頑張ってほしいと思います

「日本代表 サッカー」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mes********さん

2018/6/2620:10:54

セネガル戦をやけに称賛していますが、あれは“負けに等しい引き分け”だと私は見ています。

セネガルというのは個人能力でガンガン縦に仕掛けてくるバーティカルサッカーです。これは、はまれば怖いですが、はまらなければ確実に攻め疲れに襲われ、うまくいかないことにイライラし、集中力が途切れてくるんです。

日本は正攻法で戦ってあれだけやれるんですから、リトリートして戦い、集中が途切れたところをいやらしく突いていけばよかったんです。そうすれば日本は普通に勝てたと思います。

余談ですが、アイスランドがナイジェリアに負けたことで、アルゼンチンの2位通過の可能性が見えてきました。アイスランドがクロアチアに勝てるわけがないので、アルゼンチンはとにかくナイジェリアに勝ちさえすればいいんです。

ある意味、日本対ポーランド戦より楽しみな一戦です。

pen********さん

2018/6/2619:07:39

あなたはこれを読んでセルジオ越後について勉強して下さい。
話はそれからだと考えて下さい。
https://blogs.yahoo.co.jp/fluminense1984brasil/66700978.html

kef********さん

2018/6/2611:03:58

セルジオにしてはかなり褒めてますね。やはり相変わらず的を得たコメントをしています

wpp********さん

2018/6/2609:58:27

私は日本代表のサッカーが大嫌いです
なぜなら
ツマラナイから
眠くなるから
スピードが無いから
創造性が乏しいから
野生を感じないから
個人的にはラリホーサッカーと呼んでいた
ツマラナイサッカーで相手も飽きてきて相手もツマラナイサッカーに終始する
日本のサッカーは技術はあるが個の力やヒィジカルでは及ばない
タイマン張ったら完敗ですよ
日本のサッカーはサッカーではなくサッカーみたいなダンスだと揶揄していました
しかし
日本は戦い方と言うか戦術が固まりましたね
ザッケローニやハリルは世界スタンダードなサッカーをしようとして反発を食らった
日本人にはフィジカルの問題で無理なんです
そこで確立したのが走って走って走りまくり相手を疲弊させ相手のスタミナを奪うサッカーです
日本人にフィジカルは弱いが相手も無視出来ない技術レベルがあるから出来る戦術
相手も日本の走りに付き合わざるを得なくなり相手チームは疲弊する
疲弊したチームは強いフィジカルも戦術も発揮出来なくなる
どんなに強い相手でもヘロヘロになれば日本との差は然程無くなりスタミナど勝る日本に勝機が生まれる
サッカーで疲弊すると走れなくなるしアタマが働かなくなる
アタマが働かなくなるとボールに目が行ってしまうのが球技の常
セネガル戦の2点目の本田などセネガルDFは全員がボールだけを見てしまった結果です
香川を中心に若く走れる選手が前半から相手を走らせまくり相手が疲れきった後半20分過ぎに走れないが攻撃力と経験豊富な本田・岡崎を投入
個の力で戦わずチーム力で戦う実に日本に適した戦術が確立されたと感じます
海外のチームは必ず中弛みの時間で走る事をサボります
それをサボらせない!実に恐ろしい戦術です!今までの世界に無かった戦術です

k09********さん

編集あり2018/6/2601:10:41

勝ちに等しい引き分けですね。

何よりあの状況から追いつけたのが良かった。
ポーランドに関しては今の日本の勢いがあります
そしてポーランドは敗退が決定しているのでネガティヴになっているでしょう。

決勝トーナメントにいけるチャンスは十分あるでしょう。

川島は次もスタメンで行って欲しいです
本調子でない選手が調子を取り戻し、当たったらチームにも勢いがでますからね
そこに賭けたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる