ここから本文です

新谷かおるの戦争マンガに出てきた飛行機なんですが、実在した飛行機ですか? 作...

xo3********さん

2018/6/2711:29:44

新谷かおるの戦争マンガに出てきた飛行機なんですが、実在した飛行機ですか?
作中では「ドイツ製で、ターボプロップエンジンをツイン搭載」というふうになっていましたが。

ターボプロップ,新谷かおる,ターボプロップエンジン,ドルニエDo335,飛行機,ツイン搭載,戦争マンガ

閲覧数:
162
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

twi********さん

2018/6/2715:28:02

この機体は実在の機体でもなければ実在の機体を元にしたわけでもなく、松本零士の戦場まんがシリーズ「衝撃降下90度」に登場したキ99という架空の日本軍機が元ネタです。
https://blog.goo.ne.jp/saitamaev/e/cf598aab28a2a1f1b86b3b5ddeb8391e
キ99は排気タービン付き空冷星型エンジン2基で二重反転プロペラを回すという設定でしたが、戦場まんがシリーズの新谷かおる版ともいえる戦場ロマンシリーズでは舞台をドイツへ移してターボプロップになりました。ただキ99は日本軍機ということで飛燕を元に二重反転プロペラとダクテッドスピナー(スピナーに冷却空気の取入口がある方式。Fw190の試作機などで例がある)を追加したようなデザインでしたが、新谷かおる版の方は角度によってはアメリカのP-75戦闘機とやや似ています。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b7/P75A_Eagl...
P-75は水冷エンジン2基で二重反転プロペラを回す機体なので参考にしたのかもしれません。また水平尾翼に垂直安定板があるのはイギリスのターボプロップ艦上機ガネットを思わせます。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b5/Fairey_Gannet_T...
ガネットはターボプロップ2基で二重反転プロペラを回しますから、時代と見た目はともかく機構的には一番近いですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uio********さん

2018/6/2712:57:39

ターボプロップエンジンの実用化は戦後だから、大戦中には存在しないです。

おそらく、その飛行機の元ネタは、ドルニエDo335プファイルだと思います。ドルニエDo335は二つのエンジンを前後に搭載し、二十反転プロペラでなく、前後にプロペラを付けてプル・プッシャー方式として運動性を高めた機体です。
コンセプト自体は、その画像の機体と同じです。

後、日本は大戦末期、キ64という、エンジンを前後に搭載した二十反転プロペラの高速戦闘機を開発していました。当時の技術の限りを尽くした機体で、試作品の開発には成功しました。しかしテスト飛行中にエンジンから火を噴きました。
二つのエンジンを連結して延長軸でプロペラを回転させるというメカニズムは、非常に難しい。二つのエンジンを完全に同一軸にすることは不可能で、どうしても位置のずれと歪みが生じ、振動を生み出します。
軸のズレを最小限にとどめ、また振動に対処するのは、想像を絶する高い技術精度が求められます。

おそらくキ64のエピソードを元に、日本では無理なことでも技術大国のドイツならできるだろうという発想で、ドルニエDo335の後継機という設定の機体だと思います。
まぁ実際は、ドイツが科学技術大国というのは幻想で、科学技術は米英の方が進んでいたのですが。でもドイツの科学は世界一という幻想が、なぜか存在しますから。

また第二次大戦当時はまだターボプロップは研究中でしたが、実用化に成功したのは、戦後すぐです。だから当時のドイツなら大戦中の実用化は無理がないというのも、一定の説得力があります。
なんといっても、ドイツの科学力は世界一という幻想が存在しますから。

そういう夢が込められた機体だと思います。下の画像が、ドルニエDo335です。

ターボプロップエンジンの実用化は戦後だから、大戦中には存在しないです。...

tal********さん

2018/6/2712:31:07

ターボプロップも二重背反プロペラの戦闘機も
大戦中にはいないはず。
(二重背反プロペラは少数居るが、ほとんど試作機)

時々、架空戦記や架空世界を舞台にした航空機物に

二重背反プロペラのターボプロップ戦闘機とか出てくると
あり得なかった夢だとか、憧れだとか
言われるくらいです。

現実では、ジェット戦闘機にとって換わられましたので
高性能高効率系のターボプロップは発達しませんでした。

iko********さん

2018/6/2711:36:57

しないよ
ドイツは2重反転プロペラを爆撃機に使う計画はあったけど
戦闘機に使おうとしたことはない

tlk********さん

2018/6/2711:36:40

ターボプロップはドイツでも概念研究段階でした。
エンジン規模が決定していないと機体設計も出来ません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる