ここから本文です

貸したお金が返ってこないので少額訴訟をしようと思っています。 貸した人が複...

kin********さん

2018/6/2913:24:01

貸したお金が返ってこないので少額訴訟をしようと思っています。

貸した人が複数人いる場合は、個人個人で訴えないといけないのですか? 誓約書に貸した人全員の名前が載っています。


それと、誓約書に借りた人の住所

が無いのですが大丈夫でしょうか?

閲覧数:
148
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2018/6/2914:28:23

>少額訴訟をしようと思っています・・・

大前提ですが・・・

相手の「住所・氏名」が判らないと提訴不可能です。
大丈夫ですか?

>誓約書(貴方にお借りしたお金はきちんと返します、と誓った文書)」と「金銭貸借契約書」は性質が多少違いますが理解してます?・・・https://hihin.net/?p=37113

>貸した人が複数人いる場合は、個人個人で訴えないといけないのですか?

常識では「個別」対応と思うのですが、お近くの「簡易裁判所」に訪ねたら如何でしょう。

  • 質問者

    kin********さん

    2018/6/2916:45:36

    回答ありがとうございます。

    はい。相手の住所、氏名は分かっています。
    誓約書に返済期限も書いてあり「いついつまでに返す」と

    こちらで分かればいいと思ったのですが、分かりました簡易裁判所で確認してみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

B-51さん

2018/6/2916:41:23

複数人を被告とする訴訟は提訴可能です。
ただ、誓約書としてまとまっているから一つの訴訟…ではなく、事件としてひとつなのかどうかですね。

まあ、普通一つの誓約書に連名でサインしているなら、事件としては一つだとは思いますが…
例えば、ABCの3人にそれぞれ10万円ずつ貸して、誓約書に「我々3人は○○からそれぞれ10万円を借り受け、○年○月○日までに個々に返済するものとする」みたいな誓約書だと、誓約書としては1通でも、金銭貸借契約はABCそれぞれ個別に結んでいるとみなせるでしょう。
そのような場合は、「共同不法行為」ではないので、ABCそれぞれを別々に訴えるしかないと思います。

これが、ABC三人に対して30万貸したというだけで、その取り分とかはABC三人で勝手に決めろという形だったとすれば、一つの金銭貸借契約なので、3人を相手取って1つの訴訟でOKでしょう。

ただ、少額訴訟は複雑な案件だとNGとされてしまうので、おっしゃるようなちょっと変わった内容を小額訴訟で提訴できるかは分かりません。
そこは裁判所に聞いてみたほうが早いでしょう。

住所については誓約書に書かれていなくても証拠としては有効です。
結局この誓約書は誰が書いたものかってのが明確なら問題はないので。
もし、3人のうち誰かが「これは俺のことじゃない」とか言い出したらめんどくさいことにはなるかもしれませんけどね。

ちなみに、裁判で訴えて勝ったとしても、相手に支払能力がなければ回収は難しいですからね。
財産や定期収入があるなら強制執行(差押え)ができますけど、何を差し押さえるのかは自分で指定しないとならないので、調査が必須になってきます。

みやさん

2018/6/2913:25:27

個人個人になると思います。
弁護士さんに相談してみてください。

氏名と押印あればいいのでは?

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる