ここから本文です

「マネーの虎」とかいうにわか成金社長が揃って、わずかの開業資金提供に苦言や指...

アバター

ID非公開さん

2018/7/916:00:04

「マネーの虎」とかいうにわか成金社長が揃って、わずかの開業資金提供に苦言や指摘を見世物にする番組がありましたが、いずれの大威張りの社長のほとんどは経営失敗して転落組になっています。

その理由は成り金の成功法則しか知らないで経営の基本はおろか、本当に仕事が好きかという以前の問題児ばかりだったわけですが、こうしたバブル話題のようなにわか成金をあたかも立派な経営者のように取り扱った番組というのは今から観れば問題のある番組に思えますが・・

質問としてこれらの審査員となった経営者のどこが最大の問題であったと思いますか?

補足結局あの番組は、新規創業資金提供の為の・・というよりにわか成金の審査形態擬似の不慣れな新規開業者に対する嫌み評論番組で、性格の悪さを売り物ネタにしたような低質な番組で、結果、当時の経営者のそれなりの経営実態に陥るという恥ずかしい失敗番組であったかと思いますが、この馬鹿社長を真似する、国民金融公庫所属の融資審査担当者が続出したことは更に悪しき影響を与えた社会悪の番組であったと評価出来ます。

閲覧数:
800
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s0h********さん

2018/7/1500:33:25

ある社長は、TVに出たことにより羽振りが良くなり金使いが荒くなったと言ってました。
または生活倉庫の堀之内社長は考え方が古かったと言われています。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/1512:48:24

    ごみ集めのリサイクル販売の生活創造館経営の堀之内は、一頃は一講演80万円で地方巡業していた頃はやはりテレビ放映の直後でしたが、その地方の店も短期間で閉鎖しました。

    理由はいとも簡単です。値付けが高くて売れない陳列をしていたことと。この商売は一般客からの買取はかえって不人気になるので、引っ越しや片付け業者との提携と、堀之内氏みたいに乞食のゴミ集めをしたものの転売がビジネスモデルであって、そんなものはモノ余りの時代に入れば必ず廃れるが、閉鎖して店舗が高値の強気販売をしていたので商品も売れず、品物も集まらず・・・という商売の基本すら知らない経営であった。

    テレビに出る暇があったら全店舗の値付けでも確認したほうが本人の為であったが、舞い上がり人間ばかりなので無理だと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「マネーの虎」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる